サブスクリプションビジネスで貸出管理をする際に気を付けるべき5つのポイントとは

2022/3/24公開

近年では、洋服・バック・車など商品を買って所有するのではなく、それらの商品を借りて利用することで、リーズナブルに商品を楽しむことができるサービスが増えてきています。
このように、月額定額制で、商品を貸し出すサブスクリプションビジネスを行う企業も増えてきています。
今回はこのようなビジネスで商品を貸し出す際に気を付けるべき5つのポイントをご紹介します。

1.貸し出し状況と在庫の管理

レンタル業において、重要となるのが商品の在庫管理と貸出状況の管理になります。
システムを使わない場合には、商品ごとに商品番号やシリアル番号などを決め、Excelなどのツールを使って管理することが一般的なのではないでしょうか?
これにより、貸出可能な商品・貸し出している商品を把握できるようになり、貸出管理をスムーズに行えるようになります。

2. 返却品のステータス管理

ドレス・着物など貸し出す商品によっては、返ってきた後に、クリーニングに出したり、商品にシミや汚れなどがないかチェックする工程が必要になります。
また、車や電子機器などであれば、クリーニングだけでなくメンテナンスなども必要になります。
メンテナンス中はすぐに商品を貸し出すことができないので、それらステータスの管理を行うことも重要になります。

3. 正確な貸出検品作業

商品を貸し出す際には、誤出荷にならないよう商品名や数量、発送先などを確認する貸出検品が重要になります。
出荷検品を正確に行えるよう仕組みを整えることで、誤出荷を防止します。
(正確な貸出・返却業務を実現し、業務を効率化するレンタル品管理システムはこちら

4.商品のロケーション管理

商品を倉庫で保管する場合には、商品を保管する間口に数字などの番号を振り、何処に、何を、いくつ保管しているか見える化するロケーション管理を行うことが重要です。
Excelや専用のシステムでロケーション管理を適切に行うことで、商品が何処にあるのか一目で分かるため、商品を探して倉庫内を歩き回る必要もなくなります。

5. 未返却商品を定期的に確認

レンタル業を行っていて一番厄介なことの一つが、返却期限を過ぎても商品が返却されないことがあるということではないでしょうか?
このような未返却品を定期的に確認し、返却依頼を行うなど適切に対応することが、大変重要になります。

まとめ

持続可能な社会を目指すSDGsの取り組みを行う企業や環境にやさしい暮らしを好む消費者も増えており、今後さらにサブスクリプションによるレンタルビジネスは増えていくと思われます。
商品の貸し出しを行うには注意すべき点がいくつかありますので、業務内容を明確にし、マニュアルを作成するなどの対応を行うことが重要です。
また、貸出品の管理をシステムで行うと正確な在庫管理や貸出・返却業務を行えるようになりますので、システムの活用もご検討されてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理

在庫管理システム

在庫管理システム>>

バーコードを利用した出荷検品だけ行いたい ハンディターミナルやスマートフォンを活用したバーコード検品が可能な検品システムの導入

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00