WMSで日付を管理する4つのメリットとは

2021/7/1公開

WMSなどを活用することで、入庫日や賞味期限などの日付を管理することが可能になり、物流品質の改善に繋げることができます。
今回はWMSで日付管理をすることで得られる4つのメリットをご紹介します。

1.先入先出の実現

WMSで入庫日を管理し、出荷引当の際に、入庫日が古い商品から引き当てをかけるようにすることで、先入先出が実現します。
物流品質の改善が実現し、お客様からの信頼も獲得することができます。
(入庫日・製造日・賞味期限などの日付管理が可能な クラウド在庫管理システムはこちら

2. 出荷期限管理への対応

賞味期限や使用期限などがある商品は、お客様・出荷先に商品が届いた時に、賞味期限や使用期限にある程度の余裕があることが望まれます。
賞味期限や使用期限などをWMSで管理することで、出荷期限のチェックが可能になり、この確認を行うことで、物流品質の改善が可能になります。 

3. トレーサビリティへの対応

商品によっては、製造日でトレーサビリティへの対応をおこなう物もあります。
出荷する商品を製造日で管理することで、万が一商品に不具合が発生しても、同じ日に製造された商品の特定ができるので、不具合品の回収などを効率的に行うことができるようになります。 

4.廃棄処分する商品の削減

賞味期限や製造日をWMSで管理することで、期限切れまでの期間が短い商品の確認を簡単にできるようになります。
これにより、賞味期限までの期間が短い商品を安く販売するなどの対応が取れるようになり、廃棄処分する商品を減らすことも可能になります。

まとめ

WMSで日付を管理することで、先入先出や出荷期限の管理、トレーサビリティへの対応など多くのメリットを得ることができます。
物流品質の改善をご検討の方は、WMSを活用した日付管理を始めてみてはいかがでしょうか。 

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00