理論在庫と物理在庫とは?

理論在庫と物理在庫とは?

2014/2/19公開

理論在庫と物理在庫とは?

理論在庫と物理在庫という言葉があります。
理論在庫はシステム上で管理している在庫数量のことで、物理在庫は実際に倉庫にある在庫数量のことです。
場合によっては理論在庫を基幹システムで管理している在庫数量で、物理在庫をWMSなどで管理している在庫数量のことをいう場合もあるようです。

理論在庫と物理在庫は常にいつでもぴったりあっていることが理想です。
営業マンがPCである商品の在庫数を確認出来ますし、もちろん経営者が自社の資産をいつでも確認することが出来るようになります。
ただ、実際に理論在庫と物理在庫は常にあっているわけではありません。
入荷した商品について、検品が終わっていなければシステム上に実績計上されませんし、リストピッキングでは出荷した商品の出荷実績を上げるタイミングはリストが事務所に戻ってからになります。

もちろん棚卸をした結果、理論在庫と物理在庫で差異が発生することもあるでしょう。
これには色々理由はあると思いますが、営業マンがサンプル品を出荷すると言ってシステムを経由せずに倉庫から勝手に持って行ってしまったり、返品入庫した商品が倉庫の隅で眠っていたりなどはよく聞く話です。

では理論在庫と実在庫がずれていたらどのような問題が起こるのでしょうか?

WMSでは理論在庫をベースとして出荷引当てを行います。
理論在庫が足りなければ在庫不足としてエラーや警告が出ますが、基本的には理論上の在庫です。
現場にいってみたところ実在庫が足りなくて出荷できない、などもあったりすると信用問題にもなります。

通販サイトだったらなおのことです。
翌日出荷予定の商品だったのに、出荷が1週間遅れたらお客様は良い気分はしないでしょう。
それはそのままレビューによってサイトを見ている全員に広まってしまいます。

そのため、理論在庫は出来るだけリアルタイムで取らないとなりませんし、作業者にも商品を動かすときには必ずWMSを経由するというモラルが必要になります。
もちろん自社の外部倉庫や3PLなどで他社にアウトソーシングしている場合も同様です。
いくら良いシステムを導入しても使わなければ宝の持ち腐れです。
システムを導入するメリットを全作業者で意識の共有を図り、理論在庫と物理在庫の棚卸誤差0を目指してみませんか?

アトムではクラウドタイプの在庫管理システム【@wms】をご準備しております。 在庫管理システムへの資料請求、お問い合わせはこちらからどうぞ。
(在庫管理の精度を格段に改善できる在庫管理システム詳細はこちら

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理

在庫管理システム

在庫管理システム>>

バーコードを利用した出荷検品だけ行いたい ハンディターミナルやスマートフォンを活用したバーコード検品が可能な検品システムの導入

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00