効率的なピッキング方法とは

効率的なピッキング方法とは

2013/10/24公開

問合せをいただく時のキーワードとして「ピッキング」という言葉がありますが、大きく分けて2種類の意味を持っています。

1.1オーダーごとに必要なアイテムを出庫する。
2.複数オーダー分のアイテムをまとめて出庫する。

1はオーダーピッキングやシングルピッキングとも言われ、通販物流(BtoC)でのピッキングや、製造工場での部品のピッキングなどに多く使われます。
1回のピッキングで作業が完了しますが、その分倉庫内を歩きまわるため動線は長くなります。

2はトータルピッキングとも言われ、出荷先は多いがアイテム数が少ない場合などに向いています。
この場合、一度トータルピッキングしたアイテムを再度出荷先ごとに仕分けをする必要がありますが、ここで仕分けをする方法としてさらに2種類に分かれます。
オーダーごとに必要なアイテムを拾っていくパターンと、アイテムを出荷先ごとに置いていくパターンです。

前者を摘みとり方式、後者を種蒔き方式とも言います。
出荷先が多いパターンの場合には種蒔き方式が、アイテム数が多い場合には摘みとり方式が向いてます。
種蒔きは仕分け(アソーティング)などとも言われてピッキングとは違ってくる意味合いも含まれますが、問合せ時にはピッキングという言葉が使われることが多いです。

このように同じ「ピッキング」というキーワードでの問合せでも内容を掘り下げていくと提案する内容なども変わって来ることもよくあります。

専門的な言葉が分からなくても経験豊富なスタッフが丁寧に応対いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00