デジタルアソートシステム(DAS)なら仕分道

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

アソーティングシステム仕分道

空
仕分道
  • お問合せフォームへ
ランプが光る!そこに仕分けるだけ!だから早い!

デジタルアソートシステム(DAS)

「仕分道(しわけどう)」 は物流センターの現場・倉庫にて行われる「仕分け作業」を誰でも・簡単・正確に行うためのシステムです。 無線型デジタル表示器を使用することでレイアウトが変更でき限られたスペースでの運用も可能。
製造と物流の現場を改善して30年のアトムエンジニアリングが最適な仕分け作業改善をご提案いたします。
  • 運用イメージ
  • 導入イメージとメリット
  • 無線表示器のメリット
  • 導入事例
  • Q&A
運用イメージ

デジタルアソートシステム(DAS)「仕分道」は通過型物流センター(TC)、在庫型物流センター(DC)のみならず、生産工場(PC)などでもご利用いただけます。また、固定表示器、無線表示器、ゲート付き表示器など現場のニーズに応じて対応可能です。

仕分作業フローイメージ
固定表示器利用

仕分けする棚に表示器を設置。表示器が点灯した棚にデジタル画面に表示される個数だけ商品を仕分けしていきます。 仕分けリストを確認しながらの仕分け作業に比べスピーディーに業務を行えます。倉庫業などでトータルピッキングした後の出荷先毎の仕分け作業などに適した運用方法です。

無線表示器利用

補充エリアから仕分けエリアに移動し仕分けを行う運用には、無線表示器を利用した仕分け作業が効果的です。限られたスペースでも効果的に仕分けが行えます。 スーパーやコンビニ等の物流センターや食品製造業などに適した運用方法です。

動画はこちら
固定表示器と無線表示器の併用やハンディターミナルの利用

現場のニーズに合わせて固定表示器と無線表示器の併用やハンディターミナルのみの運用などもご提案可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

ゲート式表示器利用

ゲート付き表示器を利用したデジタルアソートシステムでは、仕分けする棚以外ゲートが開かないので、別の場所に間違えて仕分けしてしまうことを防止できます。仕分け精度を改善できますので、通販の出荷作業にも効果的です。

ゲート式DAS詳細

弊社ではデジタルアソートシステム(種まき方式デジタルピッキングシステム)だけでなく、摘み取り方式のデジタルピッキングシステムもご用意しております。
間口についている表示器のランプが点灯した所の商品を取り出すだけでスムーズにピッキング作業が行えます。現場の運用に合わせて最適なシステムのご提案が可能です。

デジタルピッキングへ
デジタルアソートシステム(DAS) について

お電話からの資料請求・お問合せはこちら。

電話番号

お問合せフォームもご利用ください。

「デジタルアソートシステム(DAS)についてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

導入イメージとメリット
仕分道で作業効率化

デジタルアソートシステム(DAS)「仕分道」の導入イメージとメリットをご紹介いたします。
「仕分道」を導入しますとアソートの際に設置した表示器のランプが光り、投入個数も表示されますので誰でも正確に仕分け作業を行うことができます。

仕分道作業イメージ
作業の効率化

従来のようなリストと見比べながらの作業と比較し、直感的に作業を行えるようになることで、作業スピードが飛躍的に向上します。

ミスの防止

表示器のランプの点灯と、デジタル画面の数量表示により、ピッキングする商品や数量の間違えを防止することができます。

作業の標準化

熟練者だけでなく、物品・商品知識のあまりない作業者でも簡単に作業ができるようになります。

さらに導入効果を高める
無線ハンディターミナルを使ってさらに作業がスピーディに!

無線ハンディターミナルを使えば、複数の商品を連続で仕分けすることができます。
1商品目の仕分け終了直後に、その場で2商品目のバーコードをスキャン。すぐ2商品目の仕分け作業を開始することが出来ます。

ハンディーターミナルで効率化
進捗管理画面
進捗管理機能で、効果的な人員配置!

仕分け作業の進歩を、店別・仕分け先別で閲覧することができます。
進捗を管理することにより、残作業のボリュームをつかみ、遅延しているところは人員投入などの対策を打つための参考になります。

動線短縮で作業の効率化
仕分道 導入前は
動線短縮しない場合
仕分道を導入すると
走行距離が短くなり作業時間短縮!

必要な分だけ仕分エリアを「集約」することができます!無駄なスペースを詰めることで作業時間を短縮!また物量・アイテム数に応じて仕分ける順番を変えることができます。

仕分道を導入したイメージ

<一つの商品を配る動線>
・動線短縮しない場合:10秒
・仕分道の場合:5秒

<アイテム数が1000の場合>
・動線短縮しない場合:10秒×1000=10000秒
・仕分道の場合:5秒×1000=5000秒

短縮時間は5000秒の大幅減となります。

さらに前詰め処理により作業時間短縮!

物量・アイテム数に応じて仕分ける順番を変えることができます。物量、アイテムが多いものを手前に置くことでトータルの走行距離をさらに短くできます。

仕分け作業 前詰め処理イメージ
デジタルアソートシステム導入事例

導入事例インタビュー

デジタルアソートシステム(DAS)「仕分道」の導入事例インタビューをご紹介します。
株式会社ディスタ様
人気のアパレルブランド「JUN」の物流業務を行う株式会社ディスタ様
デジタルアソートシステム(DAS)「仕分道」の導入により「作業効率が136%になった」「残業が約半分になった」「未経験者でも効率的に作業可能になった」など、 様々な効果を得ることが出来ました。
  • 出荷数に限界があった
  • 残業が多かった
  • 作業を覚えるのに時間がかかった
 
  • 作業効率が136%になった
  • 残業が約半分になった
  • 未経験者でも効率的に作業可能になった
導入事例

デジタルアソートシステム(DAS)の導入事例をご紹介いたします。「仕分道」はお客様のご要望に合わせてカスタマイズも可能です。 カスタマイズを行うことで業種、業態、お客様の運用方法にあわせ最適なソリューションをご提案することができます。

居酒屋・外食チェーン向け業務用食品のデジタルアソートシステム
居酒屋・外食チェーン向け事例

無線表示器を利用した、作業バッチ方式によるデジタルアソートシステムの導入事例です。
店舗へ出荷する商品の仕分け作業のボリュームに応じて、作業バッチを組むことで作業負担を分散し、効率よく仕分けできるようになりました。

アパレル業向けアパレル・生活用品のデジタルアソートシステム
アパレル業向け事例

無線表示器を利用したデジタルアソートシステムの導入事例です。 同じ商品のサイズ違いや、色違いなどを意識しないで仕分け作業を行えるようになり、作業効率が大幅にアップしました。

百貨店向け生鮮食品のデジタルアソートシステム
百貨店向け事例

固定表示器を利用したブロックリレー方式によるデジタルアソートシステムの導入事例です。
ブロックリレー方式の導入で同時に作業を行える人数を増やすことができ、作業時間を短縮することができました。

小売業(スーパー)向け食品のデジタルアソートシステム
小売業向け事例

スーパー向けチルド食品のデジタルアソーティングシステムです。
3色表示器の活用により複数商品の同時仕分けができるようになったので、作業時間を短縮することができました。

ドラックストア業向け食品のデジタルアソートシステム
ドラックストア業向け事例

ドラックストア向け食品(チルド、ドライ)・酒類のデジタルアソートシステムです。
表示器の5色ランプを利用することで、1人で同時に5種類の仕分け作業を実現。作業時間を短縮することができました。

食品ベンダー向け惣菜、弁当のデジタルアソートシステム
食品ベンダー向け事例

無線表示器を利用した食品ベンダー向けデジタルアソートシステムです。
仕分け対象のカゴ車のみを集中させることで動線を短縮し、作業時間を削減。また、ペーパーレスにより、コスト削減も実現しました。

PAGE TOP

スマホページへ
ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング