クラウド型検品システム barcorrect

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

クラウド型検品システム

空
検品システム バーコレクト
  • お問合せフォームへ
  • barcorrect
  • 特徴
  • 基本機能
  • 主な機能
  • 導入事例
  • ご利用イメージ
バーコード検品で検品精度がUP! 検品システムbarcorrectとは
現在目視での検品を行っている方は必見!

クラウド型検品システム

barcorrect(バーコレクト)はハンディーターミナルを使用した検品システムです。3PL、倉庫業様、製造業様、卸・小売業様など、様々なお客様でご利用いただけます。
従来の検品では実現できなかった精度の高い作業が行えるようになり、検品作業の標準化も可能です。
目視検品では誤出荷が頻発してしまう。   バーコードとハンディターミナルで高精度な検品が可能。誤出荷が撲滅できます。また作業の標準化が図れます。
作業ボリューム、進捗が分からないので完了時間が分からない。   検品実績がリアルタイムに登録されるので、作業進捗が明確になります。
自社導入型検品システムを導入するとサーバーなどのコストが高くなり、管理する人も必要になる。   クラウド型なので現在利用しているPCがあればシステムを導入でき、サーバー管理の手間を減らせます。
特徴
バーコレクト利用イメージ
クラウドによるシステムの利用

インターネットを利用して、サービスをご利用いただくので、サーバー等を準備する必要がなく、WEBのクライアント端末(PC、ハンディターミナル等)を準備するだけでお手軽に導入頂けます。 ※自社導入型での提供も可能です。

各種バーコードの読み取りに対応

一次元バーコードはもちろん、QRコード等の二次元バーコードにも対応しています。 (二次元対応ハンディターミナルが必要)

リアルタイムな作業進捗の表示

進捗モニターにより、現在の作業進捗や、予想終了時間が表示されます。

各種画面、帳票のレイアウト変更

商品コードや、ロットNo.、ロケーションなど、お客様毎にレイアウト(表示順)を変更できるので、お客様のご利用形態に沿った画面表示や帳票のレイアウトを実現します。

ハンディターミナルの利用

入荷検品、出荷検品など、基幹システム等からの指示データに基づき、バーコードによる現物照合を行うため、精度の高い検品作業を行うことができます。

ネット通販物流にも対応

ECサイトや、受注管理システム・在庫管理システム等から、検品に必要なデータを取込み、伝票Noと各商品のバーコード照合します。誤出荷を防止でき、ネットショップの口コミも改善できます。

EC対応検品システム
基本機能と利用イメージ

クラウド型検品システム barcorrect(バーコレクト)は検品単位で導入いただけます。

入荷検品
入荷検品
入荷データに基づき、入荷した商品が正しいか、ハンディターミナルを使用してバーコード照合を行います。
入荷場に無線LANアクセスポイントを設置すれば、商品の入荷場所でのリアルタイムな検品が可能です。
棚卸検品
棚卸検品
在庫データを取込み、ハンディターミナルで商品の棚卸を行います。
出荷検品
出荷検品
出荷データに基づき、出荷する商品が正しいか、ハンディターミナルを使用してバーコード照合を行います。
出荷場に無線LANアクセスポイントを設置すれば、商品の出荷場所でのリアルタイムな検品が可能です。
クラウド型検品システム barcorrect(バーコレクト)利用イメージ
ご利用イメージ
業種別利用イメージはこちら
主な機能

クラウド型検品システム barcorrect(バーコレクト)の代表的な機能をご紹介します。
barcorrectは検品機能のみならず、賞味期限チェック、進捗管理など様々な機能をご利用いただけます。

指示データのマッピング
指示データのマッピング
指示データを取り込む際に、項目のマッピングができるので、基本的にカスタマイズが必要ありません。
検品機能
検品機能
予定データに基づいた検品をハンディターミナルで行います。
検品方法は、全数検品(全品バーコードスキャン)または、実績数の入力のいずれにも対応しています。
賞味期限チェック
賞味期限チェック
賞味期限の限界チェックができます。
※指示データに賞味期限の限界日が必用です。
ラベル発行
ラベル発行(オプション)
検品時に、その場で携帯プリンタからラベルを出力することができます。
①入荷ラベル
②出荷明細ラベル
作業進捗管理
作業進捗管理
作業進捗がグラフで閲覧できます。作業完了予想時刻も表示されるので、人員配置やスケジュール管理の指標となります。
流通BMI対応
EDI連携
出荷検品において、流通BMS(出荷メッセージなど)を活用したい場合は、お問い合わせください。
検品システム導入事例

導入事例インタビュー

検品システム「barcorrect」の導入事例インタビューをご紹介します。
株式会社CCR様
通販ショップを運営している株式会社CCR様
「barcorrect」の導入により「誤出荷激減」「ハンディーターミナルによる検品で作業の効率化」「クレーム対応の時間が減った」など、 様々な効果を得ることが出来ました。
  • 誤出荷があった
  • クレーム対応に時間がかかっていた
  • 作業効率が悪かった
 
  • 誤出荷激減
  • ハンディーターミナルによる検品で作業の効率化
  • クレーム対応の時間が減った
導入事例

検品システムの導入事例をご紹介いたします。「barcorrect」はお客様のご要望に合わせてカスタマイズも可能です。 カスタマイズを行うことでさらにお客様の業務・業態にあったソリューションのご提供が可能です。

運送業向けシステム
運送業向け

インスタント食品の出荷検品システム
逆転チェック機能と、入出荷実績をベースとした、在庫チェック機能により、製造日にもとづいた順番どおりに出荷が行えるようになりました。

食品加工業向けシステム
食品加工業向け

生鮮食料加工品の不定貫出荷検品システム
出荷先ごとの合計重量を検品時に自動計算でき、計算間違いを防止できるようになり、また、事務所での計算作業が不要になりました。

よくあるご質問
クラウド(ASP/SaaS)型検品システム「barcorrect」についてよくあるご質問の一部をご紹介します。
質問一覧はこちら
(※質問をクリックすると回答が表示されます。)
自社導入型での導入は可能ですか?
お客様内にbarcorrectのサーバーとネットワークを構築し、プライベートな ネットワーク内でシステムをご利用いただけます。外部のインターネット回線の影響を受けずに、より安定したシステム運用が可能になります。
ネット通販におけるECサイトや受注管理システムとの連携、運用方法について教えてください。
ECサイトや受注管理システム・在庫管理システム等からCSVで受注データを取り込むことで、伝票Noと各商品のバーコード検品が可能になります。
製造業における運用方法を教えてください。
生産管理システム・販売管理システムからCSVで生産指示データを取り込むことで、生産指示リスト等の伝票Noとラインへの供給部品を検品することが可能になります。
上位システムと検品システムの連携はどのように行うのですか?
CSVファイルでデータをやり取りすることにより、上位システムとの連携が可能になります。
見積りを依頼したいのですが?
お客様の状況や運用手法に合わせて最適な構成をご提案させて頂きます。
まずは資料請求・お問合せフォームより、お問合せください。
資料請求・お問合せはこちら»

PAGE TOP

スマホページへ
ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング