在庫管理システム導入のメリットと導入の失敗をしないためのポイント

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

在庫管理システム導入のメリットと
導入を失敗しないためのポイント

2018/11/29公開

キャッシュフローの改善や倉庫業務の効率化など、在庫管理システムを導入することで沢山のメリットを得ることができます。
ここでは、在庫管理システムの特徴と導入のメリット、導入の際の注意点をご紹介します。

在庫管理が必要な理由
倉庫イメージ
キャッシュフローの改善

在庫管理が不適切で、すぐに現金化できない在庫を過剰に抱えてしまうとキャッシュフローが悪化、資金繰りが難しくなってしまいます。
適切な在庫管理を行うことで、効果的な資金の運用ができるようになります。

販売機会ロスの削減

在庫の見える化を行うことは、欠品を防止するためにも重要です。
適切に在庫を管理することで、販売機会ロスを削減することができ、収益の拡大に繋げることができます。

在庫管理に関わるコストの削減

過剰に在庫を抱えてしまうと、在庫を保管するスペースも必要になりますし、在庫を管理するための業務も増えてしまいます。
また、逆に在庫が不足すると、急な注文に対し急遽商品をかき集めたりしなければならなくなるため、余分な費用がかかります。
これらのコストを削減するためにも、適切な在庫管理が重要になります。

在庫管理システムの特徴と導入のメリット

在庫管理の方法は多様で、販売管理システムなどの基幹システムで主に理論上の在庫を管理する場合や、倉庫内でハンディターミナル等を用い物理在庫を管理する場合等があります。
実在庫を正確に管理する場合は、後者の在庫管理が必要です。
ここでは、後者の在庫管理システムの特徴と導入のメリットをご紹介します。

在庫管理システムとは

在庫管理システムは、主に倉庫の中にある実際の在庫数を管理し、在庫が過不足なく存在するかを把握するためのシステムです。
在庫情報や入出庫情報を登録することで、在庫の見える化を行い、過剰在庫や欠品を防止することができます。
また、在庫が何処にあるのかを管理するロケーション管理も可能になるので、倉庫内の何処に、何が、幾つあるのか一目で確認できるようになります。

在庫管理システムイメージ
アトムエンジニアリングのクラウド型在庫管理システム
在庫管理システム

基本的な在庫管理システムの機能のみならず、業種・業態に合った最適な システムをご用意します。
この在庫管理システムが、月額¥39,800~ご利用いただけます。

→在庫管理システムの詳細はこちら

在庫管理システムの特徴

販売管理システム等の基幹システムでも、在庫の管理を行うことができますが、専用の在庫管理システムとの違いは何なのでしょうか?
一般的に販売管理システムなどの基幹システムでは、帳簿上の理論在庫を管理します。
しかし、在庫管理システムでは、実際の在庫の数、実在庫を管理します。
これにより、帳簿上では在庫があるのに、実際に倉庫に行ったら在庫が無かったというケースや、それとは逆に帳簿上には存在しない過剰在庫が倉庫に眠っていたということを防止できるようになります。

在庫管理システム導入のメリット

在庫管理システムを導入し、ハンディターミナルやバーコードリーダーなどの機器と連携することで、様々なメリットが得られます。

導入のメリット 詳細
在庫精度の向上 現場で実際の物の流れを管理しますので、帳簿上の論理在庫とは違い、物理的に正確な在庫管理を行うことができます。
作業標準化 業務のシステム化により、作業の標準化が可能になります。
また、ハンディターミナルなどを利用することで、バーコードの情報などを手作業で登録する必要もなくなり、作業精度も向上します。
リアルタイム在庫管理の実現 ハンディターミナルなどを活用し、各種情報をシステムに登録することで、リアルタイム在庫管理が実現します。
これにより、在庫の精度を改善することができ、在庫情報更新の遅れによる欠品や過剰在庫など各種トラブルを回避できるようになります。
作業スピードの向上 在庫管理業務をシステム化し、ハンディターミナルなどを活用することで手入力の作業を減らし、業務の効率化が実現します。
また、出荷指示など各種データの一括取り込みも可能になるので、作業スピードを向上することができます。
在庫分析の活用 分析機能を持つ在庫管理システムを利用することで、在庫分析が可能になります。
出荷ABC分析を活用することで、出荷頻度が高い商品を出荷しやすい棚に移動することもできますし、在庫回転率を分析することで売れ筋の商品や売れ残りそうな商品の確認もできるので、過剰在庫や欠品の対応をすることもできます。
失敗しない在庫管理システム導入のポイント
失敗しない在庫管理システム選定のポイント

在庫管理システムの選定を間違うと、システムを導入したにもかかわらず、業務が煩雑になり、作業効率が大幅に落ちてしまうということもありえます。
ここでは、失敗しない在庫管理システム選定のポイントをご紹介します。

・実際の現場の運用に合ったシステムを選択する
・基幹システムなど既存のシステムとの連携を考慮する
・システム導入の目的を決め、費用対効果を明らかにする
・在庫数や入出庫の数が大幅に増えた際にも、柔軟に対応できるシステムを選定する

ハンディターミナル利用イメージ
各業種ごとに必要な在庫管理の機能とは

各業種ごとに必要な機能としては下記が挙げられます。

・3PL、倉庫業

倉庫の保管スペースを有効活用するためのロケーション管理
複数拠点、複数荷主の管理機能
リアルタイム在庫管理機能 など

・ネットショップ

誤出荷を防止するための検品の機能
ECサイト、受注管理システムとの連携や送り状発行ソフトとの連携 など

・製造業、メーカー

ロット管理と製造日の管理、外部倉庫の管理 など

・商社・小売業

賞味期限、製造日の管理や先入先出
賞味期限の逆転チェック機能 など

アトムエンジニアリングの業種別ソリューション一覧>>
3PL、倉庫業向けソリューション
ネットショップ向けソリューション
製造業・メーカー向けソリューション
商社卸業向けソリューション
在庫管理システム導入の事前準備

在庫管理システムの導入を行う際には、下記の準備を行うことが重要になります。

①倉庫内の整理整頓

在庫管理システム導入の第一ステップは倉庫内の整理整頓になります。商品や倉庫で使う備品が適切な場所にきちんと保管されていることが在庫管理の最初のステップになります。

②在庫管理、倉庫管理業務フローの明確化

業務の流れを明確にすることにより、自社の運用に合った在庫管理システムの選定が可能になります。
適切な在庫管理システムを選定するためにも、作業フローの見える化が重要になります。

③ロケーションの設定

商品を保管する場所に誰でも認識できるよう一定のルールに沿って番号を振ります。
これにより、この番号と商品を紐づけることで、商品が何処にあるのかを管理することができます。

④マスターデータの登録

在庫管理システムに、商品マスタ、届け先マスタなどシステムの運用で必要となる基礎データの事前登録を行います。

在庫管理システム運用のポイント

在庫管理システムを実運用するポイントとしては、下記が挙げられます。

項目 作業内容
作業のマニュアル化 システムを導入することで業務の標準化が可能になります。
システム導入の効果を上げるためにマニュアル化を進め、作業者によって、作業品質の差が生じないよう教育をする必要があります。
また、イレギュラーな業務があった際にどのように対応するか事前に決めておくことも重要になります。
在庫管理責任者の設定 システム導入により在庫の見える化が実現しても、商品を発注する担当が複数いて、各々の価値観で商品を発注していては適切な在庫管理はできません。
在庫管理の責任者を明確にして、一定の基準で商品の発注を行うことが重要になります。
定期的な棚卸の実施 在庫管理システムを活用し正しく商品を管理しているつもりでも、不良品があったり、入荷した商品数が入荷予定数と違っていたりすると、少しずつ在庫数にずれが発生してしまうということもありえます。
定期的に棚卸を行い、在庫数のずれを修正することが正確な在庫管理には不可欠になります。
作業効率化を実現する端末・機器

下記のような端末・機器と在庫管理システムを連携させることで、さらに業務の効率化が実現します。

・ハンディターミナル

ハンディターミナルを使いバーコードを読み込むことで、そのバーコードが予定と合っているかの確認をしたり、取得したデータをリアルタイムにサーバーに送信することができるので、倉庫作業の効率化が可能になります。

・ピッキングカート

商品をピッキングする際に利用するカートのことで、複数の発送先の商品を仕分けしながら一気にピッキングすることができる物が一般的です。
また、バーコードリーダーを活用しピッキングしながら検品が行える物もあります。

・OCRハンディターミナル

アルファベットや数字など、印刷された文字を読み取ることができる機能が付いたハンディターミナルです。賞味期限やロット番号などバーコード化されていない文字情報を読み取ることで、手入力による作業を省略でき、業務の効率化が実現します。

機器・端末イメージ
まとめ

在庫管理システムを導入することで、商品在庫を過不足なく管理することが可能になり、欠品による販売機会ロスや多数の不良在庫をかかえることによるキャッシュフローの悪化を防ぐことができるようになります。
また、倉庫内作業の効率化や精度向上も可能になります。
在庫管理システムの導入による業務改善をご検討の方は、物流、製造、倉庫の現場を改善し30年以上の実績と経験がある弊社アトムエンジニアリングにお気軽にご相談下さい。

物流システム、在庫管理システムなど各種製品について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための6つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う6つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する4つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ