食品加工業向けデジタルアソートシステム(DAS)導入事例

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

導入事例

から
導入事例
業種別一覧
作業別一覧

導入事例 食品加工業

お客様導入事例

食品加工業 K様

導入システム デジタルアソートシステム(DAS)
取扱い商品 食品(米飯など)
主な機器 PC、無線ハンディターミナル、無線表示器、アクセスポイント、無線コントローラ、ラベルプリンタ
導入システムの概要
  • 店舗へ出荷する商品の仕分けを行う、固定表示器を使用したデジタルアソートシステムです。
  • 表示器のランプが点灯し、仕分け作業を誘導します。
  • 作業者は表示器のランプが点灯している間口に商品を投入します。
  • 投入する数量は表示器のデジタル画面に表示されます。
  • 表示器のランプが点灯した間口に商品を投入すればよいだけなので、誰でも、簡単に、かつスピーディに仕分け作業が行えるようになります。

システム導入前の課題と効果

Before

  • リストと商品を照らし合わせながら仕分け作業を行っていたので、時間もかかっていたし、間違いやすく、そのまま誤出荷してしまうこともあった。

After

  • 誰でも簡単に、ミスなく仕分けを行えるようになった。(「読む」「探す」「無駄に歩く」を解決)
  • 熟練作業者はもちろんのこと、パート・アルバイト作業者でも容易に作業が出来るようになった。
  • 表示器の指示どおり仕分けを行えばよいので、迷わず正確に作業が出来るようになり、作業時間が短くなった。

運用フローイメージ(食品加工業向けデジタルアソートシステム)

1.仕分け準備

  • コンテナラベルを発行し、バンジュウに添付します。
  • バンジュウを配送先店舗ごとに配置します。
    コンテナラベルには配送先店舗名が記載されています。
    コンテナラベルの店舗名と、間口ごとに添付されている店舗ラベルの店舗名を照らし合わせて、バンジュウを配置します。
運用フローイメージ
  • バンジュウの配置が完了したら、ハンディターミナルで、店舗ラベルとコンテナラベルをスキャンして、バンジュウが正しく配置されているかチェックします。
    間違った配送先店舗の間口にバンジュウが配置されていると、ハンディターミナルから警告が出ます。
運用フローイメージ

2.仕分け作業

  • 商品のバーコードをスキャンします。
  • 商品を投入する間口(配送先店舗)の表示器が点灯します。
運用フローイメージ
  • ランプが点灯した間口(配送先店舗)に商品を投入します。投入する数量は表示器のデジタル画面に表示されます。
運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

このデジタルアソートシステム(DAS)導入事例 について

お電話からの資料請求・お問合せはこちら。

お問合せフォームもご利用ください。

「デジタルアソートシステム導入事例についてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

ページトップへ