ドラッグストア向けデジタルアソートシステム(DAS)導入事例

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

物流ソリューション導入事例
のご紹介

導入事例 ドラッグストア
お客様導入事例

ドラッグストア業 C様

導入システム デジタルアソートシステム(DAS)
複数商品の同時仕分け
取扱い商品 食品(チルド、ドライ)・酒類
主な機器 PC、無線ハンディターミナル、固定表示器、アクセスポイント、無線コントローラ、ラベルプリンタ
導入システムの概要
  • 表示器を使用したデジタルアソートシステムです。
  • 商品のカテゴリーごとに一次仕分けを行い、カテゴリーごとに仕分けられた商品を二次仕分けで店舗ごとに仕分けます。
  • 表示器の5色ランプを活用し、一人の作業者が最大5種類の商品を同時に仕分けることができます。
システム導入前の課題と効果

Before

  • 従来は、 リストと商品を照らし合わせながら仕分け作業を行っていたので、とても時間がかかっていた。
矢印

After

  • 仕分け作業が簡単になり、作業時間が短くなった。
  • 「読む」「探す」「無駄に歩く」を解決した。
  • 熟練作業者はもちろんのこと、パート・アルバイト作業者でも容易に作業が出来るようになった。
    矢印仕分けミスによる誤配が無くなった。
  • 一人で同時に5種類の商品を仕分けることができるので、作業スピードがアップした。
運用フローイメージ(デジタルアソートシステム)

1.一次仕分け

  • ハンディターミナルで商品のバーコードをスキャンし、商品をカテゴリーごとに仕分けます。
運用フローイメージ
矢印

2.二次仕分けの準備

  • 商品の種類ごとにバーコードをスキャンして、二次仕分けの準備を行います。
    商品の種類ごとにバーコードをスキャンすることでこの後の仕分け作業を行う上での"ルール"を決めます。
    光ったランプの色により、どの商品を投入すればよいかを決めます。
運用フローイメージ
矢印

3.二次仕分け

  • 表示器が仕分け作業を誘導してくれます。
    表示器の大ランプが、仕分ける間口を示します。
    表示器の小ランプが、点滅しているランプの色で仕分ける商品を示します。
    表示器の小ランプ(ボタン)を押すと、その小ランプの色に対応した商品の投入する数量が、デジタル画面に表示されます。
運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

物流システム、在庫管理システムなど各種製品について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
ページトップへ