食品卸業(共同配送)向けデジタルアソートシステム(DAS)導入事例

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

導入事例

から
導入事例
業種別一覧
作業別一覧

導入事例 食品卸業

お客様導入事例

食品卸業 Y様(共同配送)

導入システム デジタルアソートシステム(DAS) ブロックバッチ方式
取扱い商品 業務用食材(外食チェーン向け)
主な機器 PC、ラベルプリンタ、レーザープリンタ、携帯プリンタ、無線ハンディターミナル、無線表示器、アクセスポイント
導入システムの概要
  • 店舗へ出荷する商品の仕分けを行う、無線表示器を使用したデジタルアソートシステムです。
  • 作業ボリュームに応じて、複数の作業コースを組み合わせた"ブロックバッチ(出荷作業を分割したもの)"を生成します。
  • カゴ車に取り付けられた無線表示器のランプが点灯し、仕分け作業を誘導します。 作業者は無線表示器のランプが点灯しているカゴ車に商品を投入します。 投入する数量は無線表示器のデジタル画面に表示されます。

システム導入前の課題と効果

Before

  • 以前は現場のレイアウトが固定であったため、作業員一人一人に割り当てる作業ボリュームを柔軟に調整することができなかった。
    物量やその日の作業者数によっては、作業が行われていない無駄なスペースが生まれてしまい作業が非効率となっていた。
    無駄なスペースをなくし、全てのエリアで常に作業が行われている状態が理想でしたがレイアウトが固定だとどうしてもうまくいかなかった。

After

  • レイアウトを自由に設定できるため、限られたスペースを有効活用できるようになった。
  • その日の作業ボリュームに合わせてブロックバッチを組むことで、作業負荷を分散し効率よく仕分け作業を行えるようになった。
  • 仕分け作業が簡単になり、作業時間が短くなった。
  • 「読む」「探す」「無駄に歩く」を解決した。
  • 熟練作業者はもちろんのこと、パート・アルバイト作業者でも容易に作業が出来るようになった。
    仕分けミスによる誤配が無くなった。
  • 表示器の無線化(無線表示器)により、仕分けする対象のカゴ車のみ集結させて作業を行え、また物量の多い店舗(カゴ車)を商品置き場の近くに配置することにより、作業動線が短縮された。

運用フローイメージ(デジタルアソートシステム)

1.ブロックバッチを作成

  • 出荷指示を基に、コース単位でブロックバッチを作成します。
    ※ブロックバッチ:複数の仕分け作業をまとめた単位のことです。
    出荷店舗数の量により、作業ボリュームを分散させることで効率よく作業を行うことができます。
運用フローイメージ

2.仕分け作業

  • 無線ハンディターミナルで商品ラベルのバーコードをスキャンします。
  • 仕分けする対象のカゴ車の表示器が点灯します。
  • 表示器が点灯しているカゴ車に商品を仕分け(投入)していきます。
    (投入する個数は、無線表示器のデジタル画面に表示されます。)
運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

このデジタルアソートシステム(DAS)導入事例 について

お電話からの資料請求・お問合せはこちら。

お問合せフォームもご利用ください。

「デジタルアソートシステム導入事例についてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

PAGE TOP

ページトップへ