倉庫管理システムで請求管理も効率化

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

倉庫管理と請求管理業務をシステム化
営業倉庫向け倉庫管理システム

倉庫管理システムの製品紹介
ページです

請求管理機能付き在庫管理システム導入とは
倉庫業者の視点から、倉庫業に必要な機能を取り揃えたシステムです。
クラウド型在庫管理システム@wmsとクラウド型請求管理を連携させることで倉庫業において軸となる在庫管理・請求管理業務の効率化・標準化を図ることができます。(在庫管理システム@wms製品詳細はこちら)
倉庫管理システム
導入のメリット
在庫管理の精度向上
  • 現物に沿った在庫管理が可能になります
  • ロケーション管理機能により、商品がどこに、いくつあるのかがすぐに分かります
  • 賞味期限、製造日、ロット番号で商品を管理し、トレーサビリティーも対応可能です
請求管理をシステム化
  • 保管料、荷役料、一貫料、坪貸料、諸掛お客様(荷主様)への請求書を発行できます
  • 運送料金の計算ができます
  • I~III期制、坪貸に対応しています
ハンディターミナルの活用が可能
  • バーコード検品を行うことで、誤出荷を防止し、精度の高い在庫管理が行えます
  • リアルタイムで在庫状況の把握ができます
営業倉庫向け倉庫管理利用イメージ
在庫管理、請求管理ご利用イメージ 在庫管理システムへ

請求処理をシステム化する場合、以下のような設定が必要となります。

荷主別に設定する項目

①料金計算区分 保管料、荷役料、上代、下代、坪貸
②期種区分 Ⅰ期制、Ⅱ期制、Ⅲ期制
③掛率、単価設定 上代掛率、下代掛率、坪貸面積(坪)、坪単価

商品別に設定する項目

①保管料 保管料単価、最低保管料
②荷役料 入庫荷役単価、出庫荷役単価
③商品単価 上代(売価)、下代(仕入価格)、寄託価格(評価価格)
④その他 単価区分(数量、個数、重量、容積など)40品目分類
作業イメージ

倉庫管理システム の作業イメージを動画、写真などでご紹介いたします。

在庫管理機能
在庫管理機能

在庫の管理が可能です。ロケーション別、商品別で在庫を確認することができます。

複数荷主在庫管理機能
複数荷主在庫管理(オプション)

複数荷主の管理が可能なので、荷主ごとにシステムを準備する必要がありません。

トレーサビリティ機能
トレーサビリティ機能

商品、製品のロットNo、賞味期限、製造日を管理できますので、出荷までのトレース管理が可能になります。

作業履歴管理機能
作業履歴管理機能

入荷検品・入庫・ピッキング・在庫移動など、作業履歴を確認できるので、在庫の見える化が可能になります。

ハンディターミナル機能
入荷検品
入荷検品

ハンディターミナルを利用することで正確な入荷検品を行うことができ、予定通りの商品が入荷したかスピーディーに確認することができます。

入出庫
入庫・出庫

システムから発行されたバーコードや、棚のバーコードをハンディターミナルで読み取ることで、ロケーション管理が可能になります。

ハンディターミナル機能
出荷検品

出荷指示データを基に商品のバーコードをハンディターミナルで読み取るだけで、高精度な出荷検品を誰でも行うことができ、誤出荷を防止できます。

棚卸
棚卸

ハンディターミナル、棚卸リストを活用することで、スピーディーに棚卸を行うことが可能です。実在庫を正確に確認することができ、それを販売管理システム等の理論在庫に反映することができます。

機能と特徴

請求管理システム付き倉庫管理システム の機能と特徴をご紹介いたします。

複数荷主管理機能
複数荷主管理機能

複数荷主に対応しておりますので、荷主ごとにシステムを導入する必要がありません。
システム導入のコストも削減できますし、複数のシステムを管理するコストも抑えることが可能になります。

複数荷主管理詳細はコチラ
複数拠点管理機能
複数拠点管理機能

インターネットを利用し、他の場所にある倉庫の管理も可能になるので、いながらにして複数の倉庫の在庫状況を確認可能です。拠点毎にシステムを導入する必要がないので導入コストを抑えることが可能になり、それと同時にシステムの管理にかかる手間とコストも削減できます。

複数拠点対応の詳細はこちら

物流システム、在庫管理システムなど各種製品について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
ページトップへ