在庫管理・検品・ピッキング・アソートシステムの導入で最大50万円が支給されるIT導入補助金のご案内

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

IT導入補助金

IT導入補助金はサービス等生産性向上IT導入支援事業事務局が、中小企業者・小規模事業者等の
ITツールの導入経費の一部を補助することで、企業の生産性向上を目的としたものです。
弊社の在庫管理システム、検品システム、デジタルピッキングシステム、
デジタルアソートシステムが適用ソフトウェアとして登録されました。

適用内容

適用ソフトウェア

在庫管理システム@wms
検品システムbarcorrect
デジタルピッキングシステムdigipica
デジタルアソートシステム仕分道

対象者

中小企業及び、小規模事業者
※資本金及び、従業員数などにより制限があります。

公募期間

公募期間については、未定の部分もあります。
詳細はIT導入補助金のホームページをご覧ください。
・IT導入補助金HP https://www.it-hojo.jp/

措置内容

ソフトウェア導入費用の1/2以下
※上限額50万円 下限額15万円

補助金支給例

※サービス品質を見える化する「おもてなし規格認証2018」を取得すると補助金申請の優遇対象となります。
交付申請を行う際に、登録番号などをご入力ください。また、「おもてなし規格認証2018」の取得方法などについては、おもてなし規格認証のホームページ(https://www.service-design.jp/)をご覧ください。

適用ソフトウェア
在庫管理システム

在庫管理システムに求められているものとは何なのか?
多数の導入実績・サポート実績からそれを導き出し、凝縮したのが クラウド在庫管理システム「@wms」 です。 エクセル(Excel)や簡易的なソフトでの管理とは比べ物にならない高精度な在庫管理を実現します。

在庫管理システムイメージ
導入事例
導入事例
作業時間の短縮と出荷精度・在庫精度の向上を実現!詳細はこちら>>
【導入前】
  • ピッキング作業に時間がかかった
  • 出荷検品の負担が大きかった
  • 商品知識がない社員は倉庫内作業が行えなかった
矢印
【導入後】
  • ピッキング作業の時間短縮
  • 出荷精度と在庫精度の改善
  • 商品知識がない社員でも倉庫内作業ができるようになった
検品システム

現在目視での検品を行っている方は必見!クラウド検品システム barcorrect(バーコレクト)はハンディーターミナルを使用した検品システムです。
従来の検品では実現できなかった精度の高い作業が行えるようになり、検品作業の標準化も可能です。

検品システムイメージ
導入事例
導入事例
誤出荷激減!ハンディーターミナルの検品で作業を効率化詳細はこちら>>
【導入前】
  • 誤出荷があった
  • クレーム対応に時間がかかっていた
  • 作業効率が悪かった
矢印
【導入後】
  • 誤出荷激減
  • ハンディーターミナルによる検品で作業の効率化
  • クレーム対応の時間が減った
デジタルピッキングシステム

digipicaは摘み取り方式による デジタルピッキングシステム (DPS)です。
表示器のランプが光った間口から商品をピッキングすればよいので、直感的にスピーディーに業務が行えます。
また、無線表示器を使用することにより、レイアウトフリーな環境下でピッキング作業を行え、生産性を大幅に改善できます。

デジタルピッキングシステム
デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム(DAS)「仕分道(しわけどう)」 は物流センターの現場・倉庫にて行われる「仕分け作業」を誰でも・簡単・正確に行うためのシステムです。
無線型デジタル表示器を使用することでレイアウトが変更でき限られたスペースでの運用も可能です。

デジタルアソートシステムイメージ
導入事例
導入事例
作業効率が136%にアップ! 残業時間が半分に!詳細はこちら>>
【導入前】
  • 出荷数に限界があった
  • 残業が多かった
  • 作業を覚えるのに時間がかかった
     
矢印
【導入後】
  • 作業効率が136%になった
  • 残業が約半分になった
  • 未経験者でも効率的に作業可能になった
     
補助金交付までの流れ
補助金交付までの流れ

お客様にて経営診断ツールを利用し、事業計画を策定していただいた後、弊社が補助金申請を代行します。
※ITツール導入後、効果報告として2019年から2023年までの5年間(計5回)に渡り、毎年4月1日から翌年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を提出する必要があります。

補助金活用に関するQ&A

IT導入補助金に関する疑問をQ&Aの形でご紹介します。

質問

IT導入補助金の利用を申請すれば、必ず交付されるのですか?

解答

補助金交付には審査があり、交付が保障されているものではありません。

質問

IT導入補助金の利用の注意点を教えてください。

解答

情報セキュリティ対策を行う宣言(セキュリティアクション)が必須となります。
また、補助金交付の認定を受けた後に、システム導入の契約をする必要があります。
IT導入補助金事務局が規定する期間内に、 システムの導入及び、支払いを完了する必要があり、間に合わない場合には補助金は交付されません。

質問

「セキュリティアクション」とは何ですか?

解答

「セキュリティアクション」は中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。
※セキュリティアクションに関しては下記ホームページをご覧ください。
SECURITY ACTION ホームページ

物流システム、在庫管理システムなど各種製品について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
ページトップへ