物流コスト削減に重要な5つのポイントとは

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

メールマガジンバックナンバー

から
空
  • 導入事例へリンク
  • 物流用語集
アトムブログ

物流コスト削減に重要な5つのポイントとは (2017/5/11)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
□■─────────アトムニュース<< 2017.5.8送信>>─────── □■
               https://www.atm-net.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新緑に初夏の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?
アトムエンジニアリングのコウダです。

物流コストを削減したいと考えた事はございませんか?
今回は、共同配送、保管効率の改善など物流コスト削減に重要な5つの
ポイントをご紹介いたします。


□■ 目次 ■□
┏□───────────────────────────────┐
┗┛

【1】在庫管理ブログ 物流コスト削減に重要な5つのポイントとは

【2】作業動画付き!商品の種類、送り状の貼り間違いなどの誤出荷も防止
   できるようになった検品システム導入事例のご紹介

【3】ちょっと仕事に役立つコラム
自分を成長させる働き方の大切さとは?


└────────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】在庫管理ブログ 物流コスト削減に重要な5つのポイントとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

利益率改善のために物流コストを下げたいと考える方も少なくないのではない
でしょうか?
ここでは長期的な視点に立ち、物流コスト削減に効果的だと考えられるポイン
トを5つご紹介いたします。

▼コラムの続きはこちら
https://www.zaikokanri.com/column/2017/02_23_01.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】作業動画付き!商品の種類、送り状の貼り間違いなどの誤出荷も防止
   できるようになった検品システム導入事例のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

保管倉庫から製品を出荷する際の誤出荷を防止するべく出荷検品システムを
導入した事例です。
ハンディターミナルと荷札ラベルを利用することで、様々な種類の誤出荷防止
が可能になりました。

【課題】
商品の種類、数、送り状の貼り間違いなどの誤出荷がありました。

【対応】
ハンディターミナルを利用した検品システムの導入とそれに伴う業務標準化、
効率化を行いました。

【導入による効果】
ハンディターミナルを利用した検品により、商品の種類、数、送り状の貼り
間違いなどあらゆる誤出荷が防止できるようになり・・・・・


▼導入事例の続きはこちら
https://www.atm-net.co.jp/barcorrect/case/kenpin03.html

※動画はページ上部、検品作業の写真の「導入事例作業動画」をクリックする
ことで閲覧が可能になります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ちょっと仕事に役立つコラム 
自分を成長させる働き方の大切さとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オリンピックで3度の金メダルに輝いた柔道の野村忠宏さんが以前テレビ番組
で興味深いことをおっしゃっていました。

学生時代、勝つために小手先の技術で柔道をしていた際に、その時の恩師で
ある自分の父親に今勝ちたいならその方法でも良いが、将来息の長いチャンピ
オンになりたいなら、今は勝てなくてもしっかり組んで柔道をするようにと
言われ、そのアドバイスに従ったからこそ今の自分があるとおっしゃっていま
した。

この話は仕事にも通じる所があるのではないでしょうか?

同じ仕事をするにも、今を乗り切る仕事の仕方と10年後の自分にプラスに
なる仕事の仕方があります。

「どのように仕事に取り組めば10年後の自分にプラスになるのだろうか?」
このような視点を持ち日々の仕事に取り組むことで新しい気づきが得られる
のではないかと思いここでご紹介させていただきました。


☆.。.:*・。・・。.:*・・。・。.:*・。・。.:*・。・。.・。☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・おわりに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月から弊社アトムエンジニアリングにも新入社員が入社し、職場も賑やかに
なりました。
まだ少し緊張した面持ちですが、積極的に研修に取り組んでいるようです。

初めは分からないことばかりでしょうが、先輩にいろいろ教えてもらい、少し
でも早く職場に慣れてくれる事を願っています。

ページトップへ