文字認識ハンディターミナルで検品作業を効率化!

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

賞味期限、使用期限、ロット情報をそのまま読み取り
文字認識ハンディと実績管理

文字認識ハンディを活用した
ソリューション紹介ページです

文字認識ハンディターミナルの活用で業務を効率化
文字認識ハンディターミナルで検品作業を効率化! 賞味期限、使用期限、ロット情報をそのまま読み取れますので、 手書き管理や手入力をする必要がありません。
文字認識ハンディソリューション
クラウド検品システムと文字認識ハンディターミナル導入のメリット

クラウド型検品システムbarcorrectと文字認識が可能なハンディターミナルBT-W85Tを連携させると、バーコードがなくても印刷された賞味期限や使用期限の日付情報、ロット番号などの文字情報などを読み取ることができます。文字を認識し、システムに登録することが可能になるので手書き作業が不要になり、作業を大幅に改善することができます。

barcorrectとは
印刷された賞味期限・使用期限を管理する際には別途手入力、または台帳への手書きが必要だった。   印刷されている文字(英数)が読み込めますので、賞味期限や使用期限を入力する必要がありません。
商品番号があっても、バーコードがない商品の管理をする際には、バーコードを印刷して、商品に貼り付ける必要があった。   印刷された商品番号(英数)を読み込めますので、バーコードを印刷する必要がありません。バーコードがなくても商品を管理できます。
自社導入型検品システムを導入するとサーバーなどのコストが高くなり、管理する人も必要になった。   barcorrectはクラウド型なので現在利用しているPCがあればシステムを導入でき、サーバー管理の手間を減らせます。
文字認識ハンディターミナルの特徴
ネットショップ向け利用イメージ
バーコードがなくても、文字認識による検品が可能。
段ボールに印字された賞味期限やロット番号なども読み取り可能。
様々な文字フォントの読み取りにも対応。もちろん各種バーコードの読み取りも可能。

物流システム、在庫管理システムなど各種製品 について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
文字認識ハンディでの実績管理運用フロー

文字認識ハンディターミナルBT-W85Tを利用すると賞味期限、ロット番号など印刷している文字を読み取ることが可能なので、実績管理をスムーズに行うことができます。
実績日と作業単位を入力してバーコードと文字を読み取るだけです。
また、収集した実績はリスト出力したり、CSV出力することで他のシステムと連携することも可能です。

運用フロー
ご利用イメージ
ネットショップ向け利用イメージ
入荷実績収集商品受入時のロット情報や賞味期限・使用期限等の日付情報を収集します。
出荷実績収集出荷する商品のロット情報や賞味期限・使用期限等の日付情報を収集します。
返品実績収集返品された商品のロット情報や賞味期限・使用期限等の日付情報を収集します。
(返品理由も管理)
文字認識ハンディを使うとこのような事が実現
ロット・日付をラクラク管理
ロット・日付を管理

バーコード化されにくいロットや日付データをハンディターミナルで認識可能。
段ボールに印字された賞味期限等も読み取りができます。

バーコードがなくても運用できる
バーコードなくても運用可能

目視や手入力不要で、文字を読み取るだけでバーコード付きラベルまで簡単発行。 簡単・低コストでバーコードの導入ができます。
文字情報からバーコードラベルを出力可能。

バーコードの読み取りももちろん可能
バーコードの読み取り可能

文字だけではなく、バーコードの読み取りもできるので、様々なシーンでご利用いただけます。  

伝票・パソコンへの手入力が不要に
手入力が不要に

バーコードがなくても、文字のままスキャンし、システムへラクラク転送可能。
今まで手入力・手書きしていた日付情報を簡単にシステムに取り込めます。
タイプミス撲滅と、手作業不要で大幅な工数削減を実現します。

物流システム、在庫管理システムなど各種製品 について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら

PAGE TOP

ページトップへ