物流現場の作業効率を改善する4つのハードウェア活用方法とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

物流現場の作業効率を改善する4つの
ハードウェア活用方法とは

2020/8/3公開

物流現場の作業効率を改善する4つのハードウェア活用方法とは
物流現場の作業効率を改善する4つのハードウェア活用方法とは

物流現場には、カゴ車やラックなどの設備だけでなくPCやプリンタなどの一般的なハードウェアも必要になるケースがあります。
ここでは、物流現場における効果的なハードウェアの活用方法を4つご紹介します。

【目次】
1.スマートフォンを活用したバース予約の仕組

トラックドライバーの長時間労働削減や物流センターの業務改善のためにバース予約システムを導入する企業が増えてきています。
スマートフォンなどを活用することで、ドライバーが事前にバースの予約を行えるようになります。
物流センターも事前に受け入れの準備を行えるようになるので、業務を円滑に行えるようになります。

2.モバイルプリンタの活用

商品にバーコードがない場合はプリンタなどで印刷して貼り付け、システムで管理する方法が効果的です。
モバイルプリンタを活用することで、その場でラベルの印刷、貼り付けが行えるため、固定プリンタの所まで移動する必要がなくなり、作業を効率的に行えるようになります。

3.文字認識ハンディターミナルによる数値の読み取り

作業現場によっては、製造日やロット、賞味期限などのデータをシステムに取り込むため手入力でそれらを入力する場合があります。
数字やアルファベットを読み取る文字認識ハンディターミナルなどを活用することで、それらの数値を簡単に取り込め、業務を大幅に改善できるようになります。

4.スマートフォンとバーコードスキャナの連携

スマートフォンとバーコードスキャナをBluetoothなどで連携することで、スマートフォンをハンディターミナルのように利用することが可能です。
バーコードスキャナには、指にはめられるウェアラブルのリングスキャナやスマートフォンのカバーに取り付けられる物もあります。
スマートフォンのカメラをバーコードスキャナとして利用するよりも、取り扱いやすい製品が多いようです。

まとめ

物流現場の効率化には、カゴ車やラックなどの設備だけでなく、それ以外のハードウェアを効率的に活用することも重要です。
物流現場の改善をお考えの方はご参考にしていただければ幸いです。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ