フルフィルメントサービスがさらに普及するための5つの課題とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

フルフィルメントサービスがさらに普及するための
5つの課題とは

2020/7/1公開

フルフィルメントサービスがさらに普及するための5つの課題とは
フルフィルメントサービスがさらに普及するための5つの課題とは

大手ネット通販Amazonのみならず、様々な企業がフルフィルメントサービスの提供を始めています。
ここでは、フルフィルメントサービスがさらに普及するための5つの課題をご紹介します。

【目次】
1.保管料などの費用がかかる

商品の保管、発送業務を外部委託するために、その分の費用がかかってしまいます。
また、例え注文がなくても、自社倉庫と違って保管を依頼している商品の分だけ保管料がかかってしまうため、その分の費用を考慮する必要があります。

2. 出荷する商品の状況の確認が難しい

一度商品を預けてしまうと手元に商品がないために、商品の状態を自社で確認することなく発送されることになります。
商品を長期保管することで、何らかの不具合や劣化があっても気づかず、商品がお客様の元に届けられることもあります。

3.サービスの品質維持・改善が難しい

商品発送に対する要望やクレームもフルフィルメントサービスの提供企業に対応してもらうことが多くなります。
そのため、それらのサービスの質の管理が難しく、またサービスを改善しようとしても行えないというデメリットが発生してしまいます。

4.顧客の要望への対応が難しい

お客様から、商品注文時のメッセージやメールにて、発送する商品についてのリクエストがある場合もあります。
ギフト対応など通常のサービス内のリクエストであれば対応できますが、それ以上の細かいリクエストについては、対応できない場合もあります。

5.BCPへの対応が難しい

フルフィルメントサービスを提供する企業は業務をシステム化し、大規模なマテハン機器を活用している現場が多数あります。
業務の多くを自動のマテハン機器が行うようになっているため、地震や洪水などの災害が起こった際に、業務が行えなくなってしまうということも発生してしまいます。

まとめ

ネット通販の利用拡大に合わせて、様々なタイプのフルフィルメントサービスが今後生まれてくると考えられます。
新しい技術の活用により、それらがどのように変化してくるのか?
その動向が注目されます。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ