物流業における離職率を下げるための5つの試みとは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

物流業における離職率を下げるための
5つの試みとは

2019/11/28公開

物流業における離職率を下げるための5つの試みとは
物流業における離職率を下げるための5つの試みとは

人手不足が深刻な社会問題になる中、様々な企業が離職率を下げるべく色々な取り組みを行っています。
ここでは、主に物流業で行われている離職率を下げる5つの取り組みをご紹介します。

【目次】
1.会社内部活動の奨励

会社内で社員の方々が参加できるスポーツなどの部活動を始めることは離職率を下げるために効果的です。
部活動を通して仕事以外の繋がりができ、コミュニケーションの機会も増え、働きやすい人間関係を作ることができます。

2. 安全性が高く、快適なトラックの準備

ある企業では、安全性が高く、運転していて快適なトラックを準備することで、運転手の離職率を改善したケースがあります。
「このトラックに乗ると他のトラックには乗れない」と感じてもらうことで、離職率を下げることが可能になります。

3.長距離運転の削減による労働環境の改善

長距離運転による長時間労働の削減を目的とし、リレー方式による中継輸送に取り組む企業も増えています。
配送先周辺にあるパートナー企業などと協力し、中継地点でお互いのトラックの荷台を交換することで、配送先まで自分達で輸送する必要がなくなり、配送業務を短縮することができます。
通常1人で運ぶと1泊2日の勤務になる所が日帰りの勤務になるため、運転手の負担を減らすことができ、労働環境の改善に繋がります。

4.復職を促す仕組み作り

ある企業では、仕事で業績を上げながらもやむを得ない理由で退職した元従業員に、以前と同じ待遇で復職できる仕組みを作りました。
対象となる方に封書などで連絡をとり、復職を促します。

5.コミュニケーション不足の改善

コミュニケーション不足のため疎外感を感じ、そのまま新人が退職してしまうケースは少なくありません。
新入社員が疎外感を抱かないように、先輩社員から積極的にコミュニケーションをとるように指導している企業もあります。
また、先輩社員が昼食を新人と食べるようにすることで、先輩社員に手当を支給する仕組みを実践している企業もあります。

まとめ

企業が安定的に発展していくためには離職率の改善は大変重要になります。
ここで紹介していることを参考に、社員の方々が安心して働ける環境作りを進めていただければ幸いです。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ