配送業における安全運転を促進する4つの取り組みとは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

配送業における安全運転を促進する
4つの取り組みとは

2019/11/1公開

配送業における安全運転を促進する4つの取り組みとは
配送業における安全運転を促進する4つの取り組みとは

最近、あおり運転やドライバーの技術不足による交通事故のニュースを目にする機会が増えています。
今回は配送業における安全運転を促進する4つの取り組みをご紹介します。

【目次】
1.ドライブレコーダーの活用

あおり運転による交通事故などのトラブルが社会問題になるなか、ドライブレコーダーを取り付けるドライバーも増えています。
また、最近はドライブレコーダーを利用している旨をアピールするための車に貼り付けるステッカーなども販売されています。
交通事故の予防と万が一事故が発生した際に証拠として活用するためにも、ドライブレコーダーの利用は効果的です。

また、ドライブレコーダーの動画をシステムが分析し、危険運転をした場面をピックアップしたり、ドライバーへ警告するサービスもあります。
それらをドライバーとその管理者で共有することで、運転技術の向上に繋げることも可能です。

2. 居眠り運転防止装置の活用

ドライバーの目の動きや体に付けたセンサーの異常値などから、居眠り運転をしそうかどうかシステムが判断し、音や振動、ライトなどで警告を促す居眠り運転防止装置も利用する方が増えつつあります。
これにより、長距離ドライバーなどの居眠り運転を抑制でき、交通事故を減らすことが可能になります。

3.配送管理システムの利用

GPSなどの機能を活用し、ドライバーがどこを運転しているのかの情報を管理者などが把握できる配送管理システムの活用も広がりつつあります。
また、配送時間に遅れそうな際に、システムが自動で配送時間に間に合わない旨の連絡を届け先にしてくれるサービスもあり、ドライバーは安心して運転に集中することができます。

4.大型トラック専用ルート対応のカーナビゲーションサービス

ある企業が大型トラックが通れるルートのみを案内するカーナビゲーションのサービスを開始しました。
これにより、ドライバーは不慣れな道でも安心して運転することができるようになり、大型トラックが狭い道に入り込んで出られなくなるようなことを防止してくれます。

まとめ

配送業において安全運転は最優先事項になります。
今回ご紹介した装置やサービスなどを活用し、交通事故防止に取り組んでいただけましたら幸いです。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ