倉庫業における協働ロボットを活用することで得られる4つのメリットとは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

倉庫業における協働ロボットを活用することで
得られる4つのメリットとは

2019/5/7公開

倉庫業における協働ロボットを活用することで得られる4つのメリットとは
協働ロボットを活用

協働ロボットとは、人とロボットが一緒のスペースで働くことが前提で設計されたロボットのことです。
一例として、ピッキング作業の際に、作業する方が倉庫内を動き回らなくてもいいよう、商品が入っている棚自体を持って来てくれるロボットの利用が増えています。
ここでは、倉庫業における人間とロボットが協働することで得られる4つのメリットをご紹介します。

【目次】
1.作業効率の改善

人間とロボットを協働させることで、作業効率を大幅に上げることが可能になります。
人間が得意なことは人間が行い、ロボットが得意なことはロボットが行うようにすることで、作業を効率化し、スピーディーに業務が行えるようになります。

2. 労働量不足への対応

倉庫業のみならず、様々な業種・業態で深刻な人手不足となっています。
協働ロボットを活用することで、生産性を向上でき、人手不足を解消することも可能になります。

3.BCPへの対応

BCP(BusinessContinuityPlan=事業継続計画)とは、天災(地震、洪水等)や人災(火事、盗難等)などで被害にあった際にも、できる限りスムーズにサービスの復旧が行えるようにする対策のことです。
全自動の倉庫や物流現場では、電気が止まり、システムが動かなくなると、まったく入出荷できなくなることもあります。
人間とロボットが協働で働ける現場を作っておくことで、万が一の際にも、人海戦術で入出荷業務を行うことが可能です。

4.物量変動への対応

物量が大幅に変動する現場では、費用対効果などの点から大型の全自動倉庫・ソーターなどを導入することは難しいのではないでしょうか?
人間とロボットを協働させることで、物量の変動にも柔軟に対応できるようになり、物量が多い時にも、少ない時にも比較的効率的に業務が行えるようになります。

まとめ

物流業においても、人間とロボットが協働する現場が増えつつあり、この流れはさらに加速すると考えられます。
ロボットの普及により倉庫の現場がどのように変わるのか? その動向が注目されます。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

対応方法

ソリューション

誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。
在庫の先入れ先出しをしたい 入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。
在庫管理システム
在庫管理の精度を上げたい 入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。
在庫管理システム
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい 入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。
在庫管理システム
システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。
検品システム
トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。
在庫管理システム
ピッキング作業の時間を短縮したい 表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。
デジタルピッキングシステム
仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。
デジタルアソートシステム
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理

物流システム、在庫管理システムなど各種製品について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
ページトップへ