トラックドライバーの長時間労働を是正する6つの試みとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

物流・製造コラム

から
column
  • 導入事例へリンク
  • 物流用語集
アトムブログ
トラックドライバーの長時間労働を是正する6つの試みとは(2018/11/29)
トラックドライバーの長時間労働を是正

残業時間を削減する「働き方改革」を実施するべく様々な企業が試行錯誤を続けています。
トラックドライバーは、仕事の性質上、長時間労働が発生しやすいため、それを是正する様々なサービスや取り組みが始まっています。
ここではそれらの試みをご紹介します。

1.バース予約システムの活用

荷物をトラックで配送しても、配送先に商品の荷下ろしを待つ沢山のトラックが列になっていて、すぐに荷下ろしができず、それが長時間労働の原因になっているというケースは少なくないようです。
スマートフォンなどでバース予約システムのアプリケーションを活用し、荷下ろしする際に待ち時間が発生しないよう、バースを事前に予約する仕組みを利用する企業が増えてきています。

2. スワップボディコンテナの利用

スワップボディコンテナとは、コンテナ部分の取り外しがすぐに行える車両のことです。
このスワップボディコンテナを活用することで、荷物を届けたら荷下ろしを待たずに、すぐにコンテナを付け替え、別のコンテナを配送することができるようになるため、トラックドライバーの作業時間短縮が可能になります。

3.配車マッチングアプリケーションの活用

様々な企業が保有するトラックの情報を登録し、その動きをシェアし合うことで配送業務のマッチングや空いているトラックを融通し合うことが可能になる配車マッチングアプリケーションの活用も効果的です。
他社の空いているトラックやドライバーに配送を依頼することで、配送業務の分担が可能になります。

4.共同配送の実現

現在、様々な業種、業態で共同配送の取り組みが始まっています。
複数企業の荷物をまとめて配送することで、物流関連の業務を大幅に効率化でき、トラックドライバーの業務時間短縮に繋げることができます。

5.トラック専用のカーナビの活用

ある企業が、大型のトラックが通れるルートのみを案内するカーナビゲーションのサービスをスタートしました。
これにより、大型トラックが通れない細い道を案内されることもなくなり、スムーズに商品の配送が行えるようになります。

6.配送計画アプリケーションの活用

自社が所有するトラックの数や配送先などをアプリケーションに登録することで、最適な配送計画を立ててくれるシステムも活用されています。
これにより、無理のない配送計画を立てることが可能になり、ドライバーの長時間労働の削減が可能になります。

まとめ

トラックドライバー不足が深刻な中、労働環境を改善するための長時間労働の是正は多くの運送業にとって不可欠なのではないでしょうか?
新しいシステムの活用、配送業務の効率化など、今後どのような取り組みが始まるのかその動向が注目されます。

ページトップへ