物流業におけるIoTを活用する5つのメリットとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

物流・製造コラム

から
column
  • 導入事例へリンク
  • 物流用語集
アトムブログ
物流業におけるIoTを活用する5つのメリットとは (2018/7/27)
物流でのIoT活用

IoTとは”Internet of Thing”の略語で、従来インターネットに接続されていなかった物をネットワークに繋ぐことで、様々なメリットを得られるようにする取り組みです。
ここでは物流業においてIoTを活用する5つのメリットをご紹介します。

1.商品の配送状態の確認

商品を運ぶ際に、その商品にセンサーを付けておくことで、その商品がどのような状態で運ばれたのか確認することができます。
温度管理が必要な商品の場合など、どのような温度の中で商品が配送されたのか確認することも可能になり、商品の品質管理に活用できます。

2. 情報収集の効率化

インターネットに繋がったハンディターミナルやクラウド型の在庫管理システムなどを活用することで、リアルタイムで在庫状況の確認が可能になります。
また、RFIDなどを活用することで、センサーによる複数商品の同時読み取りもできるようになり、業務の効率化が実現します。

3.設備のメンテナンスの効率化

IoTの技術を活用し、作業進捗や設備の状態などをモニタリングすることで、メンテナンスや部品の交換の必要性など判断することが可能になります。
これにより安定的に作業を進めることができるようになります。

4.配送作業の効率化

IoTを活用し、貨物車の積載情報、空車情報などのデータを収集、シェアリングすることで配送作業の効率化を実現するマッチングサービスも始まっています。
これらの情報を共有することで、荷物の少ない同じ方向の貨物車の荷物をまとめて配送することが可能になりますし、空いている貨物車を商品の配送をしたい企業間で融通し合うこともできるようになります。

5.お客様へのサービスの向上

IoTで商品配送の見える化を行うことで、お客様へのサービスの向上も可能になります。
商品をお客様にお届けする際など、IoTを活用し車両がお客様の自宅に近づいたことを感知することで、お客様のスマートフォンなどに商品配達のご案内を自動で送信することもできるようになります。

まとめ

物流業のみならず、様々な業種・業態でIoTの技術が広がりつつあります。
IoTの活用で物流の現場にどのような変化が起こるのか、その動向が注目されます。

ページトップへ