製造業における在庫管理システムを導入する5つのメリットとは

2022/2/28公開

製造業では、様々な部品や素材を加工・組み立てて製品を作り上げるので、部品や原料が不足すると業務が行えなくなってしまいます。
それを防止するためにも生産計画に即した部品や原料の確保、在庫管理が重要になります。
また、製品を出荷した後も、何か不具合があった際には出荷先から回収しなければならなくなるため、トレーサビリティへの対応が不可欠になります。
今回は製造業において在庫管理システムを導入する5つのメリットをご紹介します。

1.在庫状況の可視化と在庫精度の向上

製造業におきましては、計画的・安定的に製造を行うため、部品が欠品しないように管理する必要があります。
実在庫を管理する在庫管理システムを導入することで、在庫の見える化ができ、安定した生産活動が可能になります。
もちろん、部品や完成品だけでなく、仕掛品、半製品を管理することも重要になり、それらを適切に管理することで、製造ラインを安定して稼働できるようになります。
また、在庫管理システムとハンディターミナルなどを導入し、部品を保管する棚に貼り付けたロケーションバーコードと部品のバーコードを読み取ることでロケーション管理を実現。何処に何があるのか、システムで簡単に確認できるようにすることで、スムーズに製造業務が行えるようになります。

2. ロット番号や日付の管理が可能

在庫管理システムを活用することで、ロット番号や製造日の管理も可能になります。
万が一製品に不具合が発生しても、速やかに出荷先の特定を行え、回収できるようになるためトレーサビリティへの対応が可能になります。
また、製品を出荷する際に在庫管理システムで出荷するロットを管理するなどの対応を行うことで、トレーサビリティへの対応の強化が行えるようになります。

3. 類似部品のピッキングミス防止

製造の組み立てラインなどに部品を投入する際、形が似ている部品が多い現場ではピッキングミスを防止するために、在庫管理システム・検品システムなどによるバーコード照合による検品が効果的です。
ハンディターミナルなどを活用したバーコード検品を行うことで業務の標準化が可能になり、作業ミスを防止することができるようになります。

4.外部倉庫の在庫状況の可視化

部品・完成品の保管のため外部倉庫を利用している場合には、外部倉庫の在庫の見える化も重要になります。
クラウド型の在庫管理システムを活用することで、インターネットを通して在庫状況を確認できるため、業務の効率化が可能になります。

5. 複数拠点の在庫を見える化

在庫管理システムが複数拠点管理に対応している場合には、拠点ごとに在庫管理システムを導入する必要がなくなります。
導入コストを削減することができますし、1つのシステムで複数の拠点の在庫を簡単に確認できるので業務を効率化することができます。

まとめ

製造業では、部品・原料などが不足し生産ラインが停止した場合には、人件費などが無駄になり多くの損失が発生してしまうため、正確な在庫管理が不可欠になります。
生産管理システムなどで在庫の管理を行うことも可能ですが、実際に倉庫の中にある実在庫を管理する在庫管理システムの活用も、業務を安定的に行うという観点から大変重要になります。

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
トレーサビリティに対応したい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入

在庫管理システム

在庫管理システム>>

安定した生産を実現するため正確に部品の在庫を管理したい ハンディターミナルやバーコードを活用し、実在する在庫をシステムで管理

在庫管理システム

在庫管理システム>>

類似部品のピッキングミスを防止したい ハンディターミナルやスマートフォンを活用し、バーコード照合による検品作業の実施

検品システム

検品システム>>

在庫管理の精度を上げたい 入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

外部倉庫の在庫状況を見える化したい インターネットを通じて、外部倉庫の在庫を管理できるクラウドシステムを閲覧

在庫管理システム

在庫管理システム>>

複数の外部倉庫の在庫管理をしたい 複数拠点管理ができるシステムの導入

在庫管理システム

在庫管理システム>>

棚卸の効率化をしたい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合し、棚卸作業を簡略化

在庫管理システム

在庫管理システム>>

初期費用を抑えて仕分け作業をシステム化したい スマートフォンやPCの画面に仕分け指示を表示することで、表示器を購入する必要もなく初期導入費用を削減

仕分検品システム

仕分検品システム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00