倉庫において繁忙時期の作業負荷を軽減するための6つの事前対策とは

2021/7/27公開

繁忙期の倉庫内の業務をスムーズに行いトラブルを減らすためにも、事前に対策を行い作業負荷を軽減できるよう準備しておくことが重要です。
下記のような対策を行うことで、誤出荷・欠品・作業の遅れなどのトラブルを回避することができます。
今回は繁忙期の前に行うことで作業負荷軽減が見込まれる6つの対策をご紹介します。

1.動線の短縮など業務の効率化

商品ごとの出荷量を確認し、出荷頻度が多い商品をピッキング作業の開始地点や出荷場の近くに保管することで、動線が短縮でき、作業を効率化することができます。
また、この際にはWMSの出荷ABC分析機能などを利用し、出荷頻度が多い商品の見える化を行うことが効果的です。

2. マニュアルの作成と社員教育

作業の標準化を行い業務をスムーズに行えるようにするにはマニュアルの作成も重要です。
このようにマニュアルを作成しておくことで、作業に不慣れな方でもスムーズに業務を始めることができます。
また、このマニュアルに記載している内容を作業する方に守っていただくべく、社内教育を行うことも重要です。

3. 作業スタッフのシフト調整

繫忙期が一時期に集中している場合には、作業スタッフのシフトを調整し、繁忙期の前後に休暇を取ってもらうようにすることで、一番忙しい時期に必要な人数を確保することも重要です。
このような対応を行うことで、臨時のスタッフ増員による追加の費用が発生することなく、繁忙期を乗り切ることもできます。

4.アルバイトや人材派遣の活用によるスタッフの増員

商既存の作業スタッフのスケジュール調整では不十分な場合には、アルバイト・人材派遣の活用によりスタッフの増員を行うという選択肢もあります。
今までの経験から、繁忙期の作業量を事前に予測しておき、不足する人数を把握。アルバイト・人材派遣など増員できるよう事前に準備しておくことが効果的です。
しかし、臨時のスタッフでは作業に不慣れなため、想定よりも作業に時間がかかる場合があります。

5.業務のシステム化

在庫管理システム・検品システムなど各種物流システムを繁忙期になる前に導入しておくことで、業務の生産性を上げることも可能になります。
また、システム化を行うことで、誰が作業しても同じような成果が出せるようになるので、アルバイトや派遣のスタッフでもスムーズに業務を行えるようになります。
(作業の標準化を実現する。 クラウド在庫管理システムはこちら)

6.作業進捗の見える化

システムを活用して、倉庫内作業の進捗状況を可視化することで、作業進捗の管理が可能になります。
このように作業進捗の可視化を行うことで、予定に対して遅れている現場・作業の確認ができるようになり、余裕のある現場から増員するなどの対応も行うことができます。

まとめ

繁忙期の業務負担を軽減する対応を閑散期にしっかり行っておくことで、トラブルによりさらに忙しくなりミスが多発するような状態を回避することができます。
特にシステム化を行うことで、業務の標準化・作業進捗の見える化・業務の効率化などが可能になりますので、この機会に在庫管理システムなど各種物流システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
ピッキング作業時の歩行距離を短くするべくロケーションを改善したい 出荷ABC分析により、出荷頻度の多い商品を確認。それらの商品を出荷しやすい間口に移動することで、歩行距離を短縮

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい 入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫が何処に、幾つあるのかすぐに確認したい エリアやロケーションをシステムで管理

在庫管理システム

在庫管理システム>>

棚卸の効率化をしたい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合し、棚卸作業を簡略化

在庫管理システム

在庫管理システム>>

派遣やアルバイトのスタッフでも倉庫内作業をスムーズに行えるようにしたい 商品知識がなくても業務が行えるようハンディターミナルやスマートフォンとバーコードを活用したシステムの導入

在庫管理システム

在庫管理システム>>

色違い、サイズ違いの商品を正確に管理したい 色違い、サイズ違いの商品の品番を分け、バーコードとハンディターミナルを活用しシステムで管理

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい 表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

初期費用を抑えて仕分け作業をシステム化したい スマートフォンやPCの画面に仕分け指示を表示することで、表示器を購入する必要もなく初期導入費用を削減

仕分検品システム

仕分検品システム>>

複数の出荷先のピッキングをスピーディーに行いたい 複数オーダーの出荷情報などがシステムで閲覧でき、それらの商品を仕分ける間口が設置されたピッキングカートの導入

ピッキングカート

ピッキングカート>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00