倉庫において繁忙時期の作業負荷を軽減するための6つの事前対策とは

在庫回転率を活用することで得られる5つのメリットとは

2021/4/27公開

在庫回転率とは、一定期間に商品がどれだけ売れた(出荷)したかを計算した数字で、下記の計算式で求められます。
在庫回転率 = 指定期間の出庫数 ÷ 指定期間の平均在庫数
今回は、在庫回転率を活用することで得られる5つのメリットをご紹介します。

1.売れ筋の商品を把握

商品ごとの在庫回転率を計算することで、どの商品がどの程度売れているのかすぐに確認することができます。
これにより欠品などが発生しないよう、早めに発注業務を行うなどの対応をすることも可能になります。
(在庫回転率の分析が可能なクラウド在庫管理システムはこちら

2. 余剰在庫の防止

在庫回転率を明確にすることで、売れ筋商品だけでなく、売れ残りそうな商品の確認もすることができます。
そのような商品は、値下げして販売したり、在庫数が減っても不用意に発注しないようにするなど、余剰在庫を抑えるための対策を行うこともできます。

3. 需要が高い時期の把握

商品ごとの在庫回転率を定期的に確認することで、需要が高い時期なども明確になります。
このように商品ごとのニーズが高い時期を把握することで、商品の需要が高まった時に品薄にならないよう、事前に商品を確保するという対応もできるようになります。

4.健全な経営が行われているかの指標

商品全体の在庫回転率を明確にすることで、商品を購入するためのコストや製造するためにかかったコストを適切に、滞りなく回収できているかの目安にすることができます。
キャッシュフローの目安を数値化することができるため、健全な経営ができているかの指標にすることも可能です。

5.業種ごとの一般的な在庫数の把握

経済産業省がWebサイトなどに業種ごとの在庫回転率の目安を公表しており、その目標在庫回転率を活用することで、どの程度在庫数を保有するのが一般的かの目安にすることができます。
適正在庫高 = 期間売上原価÷目標在庫回転率
このような数値を活用することで、自社の在庫数が一般的なのか、そうでないのか客観的に判断することができるようになります。

まとめ

在庫回転率を活用することで、効果的に在庫管理や発注業務などを行うことができ、また、キャッシュフローが適切かの判断もできるようになります。在庫管理システムによっては、在庫回転率など在庫分析ができる物もありますので、この機会に、在庫回転率を活用した業務の改善を行ってみてはいかがでしょうか。

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00