倉庫における作業スタッフの増員が逆効果になってしまう4つの原因とその対策とは

倉庫における作業スタッフの増員が逆効果になってしまう4つの原因とその対策とは

2021/2/19公開

倉庫においては、季節的要因やイベントなどにより物量に大きな変化がでるため、臨時で作業スタッフを増員することはよくあります。
しかし、作業スタッフを増やすことにより作業効率が落ち、スムーズに庫内業務が行えないということも起こりがちです。
今回は、このようなことが起こってしまう4つの原因とその対策をご紹介します。 

1.商品知識があまりない方のサポート業務

商品知識があまりない方が、ピッキング作業や検品作業を行おうとしても、自分では判断がつかず経験者にいろいろ聞いて回っているうちに時間が過ぎ、全体的に作業効率が落ちてしまうということはよくあります。
このようなことが起こらないように、効率的な業務のやり方をマニュアル化したり、間違えやすい商品の判別方法をまとめておくなどの準備をしておくことが重要です。

2. 倉庫内の通路移動時の渋滞

倉庫の棚と棚の通路が狭すぎるために、ピッキング作業などで渋滞が発生し作業効率が落ちてしまうということも起こりえます。
通路を広げることが効果的ですが、それが難しい場合には、ピッキング頻度が多い商品が一ヵ所に集中しないようロケーション管理を行ったり、ピッキングするエリアを分けエリアごとに作業をするようにするなどの対策が効果的です。

3. 不適切な人員の配置

入出荷作業やピッキング作業など作業ごとに適切な人数を配置することで、効率的に業務を行うことができます。
しかし、必要以上に作業スタッフがいると、作業しづらいだけでなく、手待ち時間が発生し作業効率が落ちてしまいます。
このような状態が発生しないよう、各作業の全体を把握しているリーダー的な方と適時意見交換をして、適切な人数を配置するようにすることが重要です。

4.作業ミスのリカバリー業務の発生

繁忙期など作業量が多く、作業に慣れていない方がいる場合には、どうしてもミスが発生し、そのリカバリーに多くの時間を要してしまうということは起こりがちです。
このようなことが行らないよう繁忙期になる前にシステムなどを導入し、誰が作業を行ってもミスが発生しないようにしておくことが効果的です。

まとめ

作業スタッフを増員しても、作業に不慣れな方が多いとどうしても作業効率は落ち、ミスも発生してしまいます。
在庫管理システムなどを事前に導入し、業務のシステム化を行うことで、作業の標準化ができ、誰が業務を行っても物流品質をほぼ一定にすることができます。
物量の変動に柔軟に対応するためにも、システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。 

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00