倉庫業・物流業における人手不足を解消するための4つの取り組みとは?

倉庫業・物流業における人手不足を解消するための4つの取り組みとは?

2019/9/5公開

現在、様々な職場で人手不足が深刻な状態となっています。
今回は、倉庫業・物流業における人手不足を解消するための4つの取り組みをご紹介します。

1.物流ロボットの導入

物流ロボットの導入により作業の効率化が実現。人手不足対策としても効果的です。
ピッキング作業を行う方の所へ、ピッキングする商品が入っている棚を持ってきてくれる物流ロボットなど人間と一緒に協働できるロボットもあります。
作業の効率化、人手不足解消には効果的ですが、導入コストが大きいというデメリットもあります。

2. 企業内託児所の整備

女性の労働環境改善の一環として、企業内託児所を整備している物流センターもあります。
このような施設がある職場では、女性も安心して仕事に取り組むことができ、人材の確保も行いやすくなるのではないでしょうか?

3. 共同配送の実現

様々な企業が共同で物流業務を行う共同配送の活用も広がっています。
複数企業の商品を一緒に保管、配送することで効率化が可能になり、人手不足も解消されます。

4.AIなどを活用した作業量の予測とシフトの作成

AIが天気や季節、曜日など様々なデータを取り込み分析。作業量の予測を行い、スタッフのシフトを作成してくれるシステムも開発されました。
適切にスタッフのシフトを組むことで人的資源の有効活用が可能になります。

まとめ

人口減少が続く中、人手不足は今後さらに深刻になると考えられます。
職場環境の改善、共同配送への対応、新しいロボット・システムの活用など、包括的な対応を行うことで、人手不足も解消されるのではないでしょうか?

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00