物量の急増にも柔軟に対応できる倉庫を立ち上げるための5つのポイントとは?

物量の急増にも柔軟に対応できる倉庫を立ち上げるための5つのポイントとは?

2019/5/31公開

倉庫を立ち上げる際には、物量の急増にも柔軟に対応できるようにする必要があります。
ここでは、物量の変動に対応できる倉庫を立ち上げるための5つのポイントをご紹介します。

1.在庫管理・倉庫管理システムの導入

物量の変化に柔軟に対応するためには、バーコードを活用した在庫管理・倉庫管理システムなどの導入が効果的です。
これにより、物量が大幅に増えた際にも、ハンディターミナルなどを利用することで、専門知識がない方でもすぐに業務を行えるようになります。
また、在庫の見える化も可能になるので、不良在庫を抑制でき、保管スペースの有効活用もできるようになります。

在庫管理・倉庫管理システムの導入

2. 拡張性の高いシステムの導入

システムを導入する時には、使用するデータ量を事前に予測することになりますが、その際にも物量の急増に耐えられるよう想定しておくことが重要です。
これを行うことにより、物量が大幅に増えた際にも、システムの処理能力などに余裕を持つことができます。
また、クラウドサービスの場合は、後からサーバーを強化することができる物もあり、物量の急増にも柔軟に対応できます。

3. フリーロケーションへの対応

商品の保管方法としては、決まった場所に商品を保管する固定ロケーションと空いている任意の棚に商品を保管することができるフリーロケーションがあります。
フリーロケーションの在庫管理を行うことで、商品が少ない時には保管スペースをコンパクトにすることができ、入出庫作業の動線を短縮することが可能になります。
また、物量が増えても任意の棚に商品を保管することができるため、柔軟に在庫管理を行うことができます。
(フリーロケーションにも対応したクラウド在庫管理システムはこちら

フリーロケーションへの対応

4.荷捌き場の有効活用

物量が急増した場合には、入庫作業などが追いつかなくなり、荷捌き場に商品が溜まってしまうということもあります。
荷捌きスペースをしっかり確保しておき、商品が溜まってきた際にどのように対応するか事前に決めておくことで、物量の変動にも柔軟に対応できるようになります。

荷捌き場の有効活用

5.外部倉庫の在庫管理への対応

物量が大幅に増え、倉庫のスペースが足りなくなった際には、外部の倉庫を追加で借り、そこに商品を保管するというケースも発生します。
クラウド在庫管理システムなどを活用することで、外部倉庫の在庫管理も1つのシステムで行うことができ、業務を効率化することができます。

まとめ

倉庫を立ち上げる際に、将来の物量変動を考慮しないと、急激に荷物が増えた際に対応することができなくなってしまいます。
将来のリスクを軽減するという観点からも、物量変動に柔軟に対応できる倉庫管理をできる所から始めてみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00