配送作業を効率化する5つのポイントとは

配送作業を効率化する5つのポイントとは

2017/7/24公開

配送作業を効率化する5つのポイントとは

物流業のみならず、様々な業種におきましても配送作業の効率化は重要な課題となっています。
ここでは、配送業務を効率化するために重要な5つのポイントをご紹介します。

1.共同配送の実現

同じ方面に商品を配送する複数の企業が提携し、商品をまとめて運ぶ共同配送を始める企業が増えてきています。
商品をまとめて配送することで、輸送コストや人件費を大幅に圧縮することが可能になります。

2.配送順とルートの最適化

配送順とルートを見直すことで移動距離を短縮でき、配送業務の効率化が実現します。
また、これらの改善を行う際には出荷先との配送時間の調整も重要になります。

3.積載効率の改善

梱包資材などを見直し、商品の大きさや貨物車の積載スペースにあったサイズに変更することで、商品を積み込む際の無駄なスペースがなくなり、積載効率の改善が実現します。
また、梱包資材を見直す際には倉庫の棚などの保管スペースのサイズも考慮することが重要になります。

4.配送頻度の見直し

商品を配送する頻度を見直すことは配送作業を効率化するためには大変効果的です。
出荷先と調整を行い、出荷頻度を減らすことで配送にかかる人員や費用などを削減できます。

5.配送時間の見直し

配送時間を見直すことも配送業務の効率化には効果的です。
配送順とルートの最適化を行うこともできるようになり、道路が渋滞する時間帯を避けることもできるようになります。

まとめ

配送作業の改善を行うには、移動距離、頻度、配送時間帯の見直しなどが重要になります。
また、業務の効率化を実現するためにも、定期的にお客様と交渉し、これらの調整が行える体制を整える事も大切です。

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理

在庫管理システム

在庫管理システム>>

バーコードを利用した出荷検品だけ行いたい ハンディターミナルやスマートフォンを活用したバーコード検品が可能な検品システムの導入

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00