倉庫管理者必見!在庫管理システムの導入で得られる7つのメリットとは

倉庫管理者必見!在庫管理システムの導入で得られる7つのメリットとは

2015/6/15公開

倉庫管理者必見!在庫管理システムの導入で得られる7つのメリットとは

商品が倉庫のどこに、いくつあるのか分からない。商品の先入れ先出しがしたいなど在庫管理についてお困りのことはございませんか?
ここでは、在庫管理システムを導入することで得られるメリットをご紹介いたします。

1.在庫の見える化で、過剰在庫を防止できます

在庫管理システムを導入することにより、在庫数が一目で把握できるようになります。
それにより、知らず知らずのうちに在庫を過剰に持ち、無駄な在庫が発生してしまうことを防止できるようになります。

2.商品を保管してある場所が明確になり、倉庫内を探し回る必要がなくなります

倉庫を管理している人がいないと、商品がどこにあるのか分からないということは少なくありません。
在庫管理システムでロケーション管理をすることで、誰でも「どこに」、「なにが」、「いくつ」あるのかが分かるようになりますので、商品を探して倉庫内を歩き回るという必要もなくなります。

3.賞味期限や製造日などの先入れ先出しが効率的に行えるようになります

先入れ先出しをするために、賞味期限や製造日を見比べ出荷したという経験はございませんか?
在庫管理システムを利用すると、商品の入荷情報を管理することが可能になり、システム上で入荷日、製造日、賞味期限などの先入れ先出しによる出荷引当を行うことが可能になります。

4.現物に即した在庫管理が可能になります

販売管理システムなどの基幹系システムだけで、在庫管理を行っていたら実際の在庫数にズレが生じてしまったという経験はございませんか?
在庫管理システムを利用した実物に即した在庫管理を行うことで、そのような在庫のズレを防止することができるようになります。

5.ハンディターミナルなどを利用することで業務の効率化が可能になります

ハンディターミナルなどに対応した在庫管理システムを利用することで業務を大幅に効率化することができます。
製品や棚のバーコードを読み込むだけで、データを取り込めますので、手入力や手書きする必要がなく、業務を効率的に行えるようになります。

6.誤出荷を防止できるようになります

誤出荷によりクレームを引き起こしてしまったということはございませんか?
多くの在庫管理システムには出荷検品の機能がついており、バーコードとハンディターミナルなどを利用したシステムによる検品が可能になります。
それにより目視検品では難しかった高精度な出荷検品が可能になりますので、誤出荷を防止できるようになります。

7.賞味期限管理、ロット管理が可能になります

エクセルや手書きで在庫管理を行っている場合、賞味期限や製造日の管理を行おうとしても情報量が多くなりすぎ、管理が煩雑になるということは珍しくありません。
在庫管理システムを利用するとこれらの情報も在庫情報に付加できますので、それらによる管理もスムーズに行えるようになります。

まとめ

在庫管理を怠ることで、倉庫内の在庫が多すぎて在庫が陳腐化したり、在庫切れによる販売機会損失になってしまいます。
在庫管理システムで在庫の見える化を行うことで、在庫を適正に保ち、業務の効率化も実現します。
弊社アトムエンジニアリングがご用意する在庫管理システムへの資料請求、お問い合わせはこちらからどうぞ。

物流ソリューション一覧

下線

アトムエンジニアリングの物流ソリューションをご紹介します

課題 対応方法 ソリューション
誤出荷を防止したい ハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫の先入れ先出しをしたい  入荷日、製造日、賞味期限などの日付を管理し、先入先出による出荷引当を実施。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫管理の精度を上げたい  入荷・入庫・出庫時にハンディターミナルやスマートフォンでバーコードを照合。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい  入荷時にロットや賞味期限をシステムに登録し、履歴を管理。

在庫管理システム

在庫管理システム>>

システムで検品だけ行いたい ハンディターミナルを活用した検品システムの導入。

検品システム

検品システム>>

トレーサビリティの対応をしたい 商品の賞味期限やロット番号を管理し、出荷履歴が見えるシステムの導入。 

在庫管理システム

在庫管理システム>>

ピッキング作業の時間を短縮したい  表示器を使用したデジタルピッキングシステムの導入。

デジタルピッキングシステム

デジタルピッキングシステム>>

仕分け作業の時間短縮をしたい 表示器を使用したデジタルアソートシステムの導入。 

デジタルアソートシステム

デジタルアソートシステム>>

よく読まれているコラム

下線

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

倉庫内作業を効率的に行うための7つのポイントとは

■2019/07/04 公開
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか? ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは

■2019/07/04 公開
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは

■2018/5/31 公開
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む

Tel.0120-56-0085

受付時間:平日 9:00 - 17:00