鉄道業向け鉄道車両部品の在庫管理システム(WMS)導入事例

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

物流ソリューション導入事例
のご紹介

導入事例 鉄道業
お客様導入事例

鉄道業 U様

導入システム 鉄道車両部品の在庫管理システム(WMS)
取扱い商品 鉄道(電車)車両
主な機器 PC、サーバ、無線ハンディターミナル、レーザープリンタ、携帯プリンタ
導入システムの概要
  • 鉄道会社における、鉄道車両部品の在庫管理をします。
  • 鉄道車両の定期点検から部品交換を行う際の、必要な部品の数(交換する部品の推定在庫数)を算出します。
  • 部品の発注、入荷、入庫、出庫作業を支援します。
  • 棚卸作業を支援します。
システム導入前の課題と効果

Before

  • 部品の管理は熟練者の知識と経験に頼っており、もしもの時の人材離れや、ヒューマンエラーが発生した場合などのリスク管理が出来ていなかった。
  • 拠点・部署ごとに在庫管理の方法が異なり、それゆえ部署移動などの際には、その都度、管理方法を再習得しなければならなかった。
  • 自分の拠点に在庫がない場合は、他の拠点・部署に電話で問い合わせていたので、在庫を探すだけで四苦八苦していた。
矢印

After

  • 在庫管理をシステム化することにより部品の過剰在庫・不良在庫を減らすことが出来た
    矢印コスト削減!
  • 在庫情報を一元管理できるので、本社に限らず各拠点から在庫情報をPC上で簡単に把握することが出来た。
    矢印在庫確認作業の効率化!
  • 点検時に必要な部品の数を自動算出してくれるので、誰でも簡単に適正な発注を行うことが出来た。
    矢印発注作業の標準化!
  • 点検計画に基づき、必要な部品の出庫数を指示してくれるので誰でも簡単に出庫作業を行うことが出来た。
    矢印出庫作業の標準化
  • ハンディターミナルを活用し、誰でも簡単かつ正確に入荷、入庫、出庫作業が出来るようになった。
    矢印入荷、入庫、出庫作業の標準化
  • 棚卸作業を支援するので、棚卸作業の精度が向上し、在庫数を厳密に管理することができた。
    矢印過剰在庫防止、欠品防止によるリスク回避!
運用フローイメージ(鉄道車両部品の在庫管理システム)

1.点検計画~部品発注依頼~発注

  • 点検計画と、現在庫数に基づいて、システムが各部品の推定在庫数を算出します。
    算出された推定在庫数に従って、現場の担当者が本部に部品の発注を依頼します。
運用フローイメージ
  • 発注依頼を基に、メーカーやベンダーに発注を行います。
運用フローイメージ
矢印

2.入荷検品

  • 入荷予定データを取込みます。
  • 入荷予定データを基に、入荷予定リストを印刷します。
運用フローイメージ
  • 入荷予定リストと、実際に入荷した部品を照らし合わせ、モノ・数量ともに間違いがなければ、ハンディターミナルで、入荷予定リストのバーコードをスキャンし、実際に入荷した数量を入力します。
運用フローイメージ
矢印

3.入庫

  • ハンディターミナルの指示に従い、部品を入庫します。
    ※自動倉庫にも対応しています。
  • 入庫した棚のラベルを、ハンディターミナルでスキャンします。
    これで「どの部品が」「どこにあるのか」を管理することが出来ます。
運用フローイメージ
矢印

4.出庫~点検・部品交換

  • ハンディターミナルの指示に従い部品を出庫します。
    ※点検計画に基づき、都度交換が必要な部品数はシステムが算出し、指示を出します。
    ※点検計画外の出庫にも対応できます。
  • 部品を出庫したら、棚のラベルをハンディターミナルでスキャンします。
  • 点検・部品交換作業を行います。
運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

物流システム、在庫管理システムなど各種製品について
さらに詳しく知りたい方は、お電話か、下記より資料請求
・お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら
ページトップへ