建材総合メーカー(主に、建築・土木分野における鉄鋼製品)/工程・操業管理システム導入事例

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

導入事例

から
導入事例
業種別一覧
作業別一覧

導入事例 建材総合メーカー(主に、建築・土木分野における鉄鋼製品)

お客様導入事例

建材総合メーカー Q様 (主に、建築・土木分野における鉄鋼製品)

導入システム 工程・操業管理システム
取扱い商品 鉄製品
主な機器 サーバ、操作端末、シーケンサー、ルータ、レーザプリンタ、ラベルプリンタ、PLC
導入システムの概要
  • 工程管理の指示と連動し、各設備へのオペレーション(運転指示)や、生産実績管理により生産工場の操業管理を効率よく正確に行えるようにします。
  • 生産工場の状況により工程スケジュールの調整を行います。
  • 設備(生産ライン)の、運転・休止(休止した要因)の実績を管理します。

システム導入の効果

  • 各種設備へのオペレーション(指示)をシステム化することができ、従来のように手作業で設備にオペレーションを登録する必要がなくなるため、操業にかかる作業の効率化が図れ、また入力ミスを防止することができる。
  • 運転・休止の稼働実績を生産実績と照らし合わせることで操業(稼働率や生産性等)の管理を実現します。
  • 設備ごとの休止状態をデータ化し分析することにより、どの設備が生産時のボトルネックになっているのか可視化することができ、改善の指標にすることができる。

運用フローイメージ(工程・操業管理システム)

1.各種設備へのオペレーション(指示)

  • 上位システムからの生産指示を受信します。
  • 生産指示を基に、生産ラインの各種設備へオペレーション(運転指示)を出します。
運用フローイメージ

2.生産実績管理

  • 生産ラインの各種設備ごとの生産実績をデータ化し、上位システムに返します。
運用フローイメージ

3.稼働管理

  • 生産ラインの各種設備ごとの稼働状況(稼働率や生産性等)をデータ化し、上位システムに返します。
  • 設備ごとの休止状態等をデータ化し分析することにより、どの設備が生産時のボトルネックになっているのか可視化することができます。
運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

この工程・操業管理システム導入事例 について

お電話からの資料請求・お問合せはこちら。

お問合せフォームもご利用ください。

「工程・操業管理システム導入事例についてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

ページトップへ