在庫管理システム導入事例 | 株式会社ソネッティーク様

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

クラウド型在庫管理システム

から
在庫管理システム@wms
  • お問合せフォームへ
導入事例 お客様の声

「@wms」の導入で在庫管理を改善!
(株式会社ソネッティーク様)

今回は、栃木県で倉庫業を営んでいる、株式会社ソネッティークの代表取締役 大曽根 雄二様に、クラウド(ASP/SaaS)型在庫管理システム「@wms」を導入した経緯、また導入後の効果などについてお話をおうかがいいたしました。

導入前の課題
  • 検品ミス
  • 誤出荷
  • 正確な在庫管理ができなかった。
  • ビジネスチャンス(荷主獲得)を逃していた。
導入前の課題 導入前の課題
導入後の効果
  • 誤出荷がなくなった。
  • 誰でも検品ができるようになり、教育コストも削減。
  • 正確な在庫管理を実現
  • 在庫確認作業が楽になった。
  • ビジネスチャンスが広がった。
  • 導入前の課題
  • 導入後の効果
  • 導入時の苦労
  • 今後の課題、目標

在庫管理システムを導入する前はどのような課題がありましたか?

株式会社ソネッティークの代表取締役 大曽根 雄二様

「検品」と「在庫管理」において改善すべき課題を抱えていました。
まず「検品」についてですが、在庫管理システム(@wms)を導入する前は人の目の判断(目視検品)で行っていました。
当然、人の目の判断ですからごくまれに間違えることもありました。
例えば、弊社が扱っているアパレル品、特にスニーカーなどは同じ名前でも「年式」によって微妙な違いがあり、慣れていないと見分けるのは難しいと思います。
現場の熟練者で商品知識が豊富であればすぐに判断できるのですが、もちろん全ての作業者が熟練者ではないので、新人やパートの方は見分けがつかず間違えてしまうこともありました。

検品の間違いは、間違った商品を発送し、そのままお客様に納品してしまうことにつながってしまいます。
検品ミスから誤出荷が発生し、最終的に間違った商品を納品してしまうわけです。
同じ業種であればどこも同じかと思いますが、誤出荷の発生はとても深刻な問題です。
誤出荷が頻発してしまえば、信用を失い荷主様が離れてしまうこともあります。
また誤出荷が発生した場合、当然その対応により人的コスト時間的コスト、また再発送にかかるコストがのしかかってきます。

「在庫管理」についてですが、在庫管理システムを導入する前はエクセル等のソフトで管理していました。
部分的には熟練者に任せていた部分もあったので、急な荷主様からの在庫に関する問合せには、直接現場に行き確認したうえでご報告する場合もあり回答するまでに時間がかかってしまうことも多々ありました。
また、エクセルで在庫管理するにしても、熟練者に任せるにしても、結局「正確な在庫管理」を実現することはできず、在庫の誤差が判明した場合の対応に追われることがありました。

さらに最近では、荷主様によっては発注する際の条件として「在庫管理がシステム化されていること」が必須という場合があります。
弊社のように在庫管理システムを使っていなかった企業は、商談や見積もりを提出する前にはじかれてしまうわけです。

「検品」と「在庫管理」の改善により、不要なコストを削減し、荷主様の信用を勝ち取る!
さらに新しい荷主様からの仕事を獲得する!

弊社にはそういった課題があったため、在庫管理システムの導入を検討したわけです。

在庫管理システム導入後の効果はいかがですか?

在庫管理システム@wms導入事例

検品作業をシステム化することにより誤出荷がなくなりました。
検品の際、ハンディターミナルで商品のバーコードを読み取ることで、システムが正しい商品かどうかを判断してくれます。
もし、まちがった商品のバーコードを読み取ると、システムから警告が発せられるので、間違ったまま商品を出荷してしまうことがなくなりました。
以前のように熟練者が自身の知識で判断していた部分を、システムが代わりにやってくれているような感覚です。
商品知識がほとんどない新人の作業者でも検品を行えるようになったので、教育コストも減ってとても助かっています。

在庫管理においては、システム化により「どこに」「なにが」「いくつ」あるのか正確に管理できるようになりました。
エクセルでの管理や、現場担当者に任せていた時と比べると、その精度の高さは比較になりません。
精度の高い在庫管理を実現したことで、荷主様が把握している在庫数と、弊社が把握している在庫数の誤差がなくなり、荷主様からの問合せに自信をもって答えることができます。
また、在庫の情報はパソコン上で見ることができるので、電話口でパソコンを操作して荷主様からの質問にすぐ回答することができるので信頼獲得にもつながっています。
電話口の対応で済むので、わざわざ現場に行く必要がなくなり、そういった意味でも在庫の確認作業がとても楽になりました。

在庫管理のシステム化は管理できるレベルも上げてくれました。
荷主様によっては商品の種類が数百になることがあります。
エクセルでの管理では、商品の種類が多ければ多いほど、日々の事務作業にかかる時間が大きくなってしまいます。
そのため、商品の種類が多く、事実上管理が難しい場合は、荷主様から仕事の話があっても断ることもありました。
在庫管理のシステム化により、商品の種類に関係なく管理が行えるようになったので、今まで断っていたような仕事も積極的に取りに行けるようになりました。
在庫管理システムは業務を改善してくれるだけでなく、弊社の商域を広げるツールにもなってくれています。

在庫管理システム導入時の苦労についてお聞かせください。

導入にあたってどのような苦労がありましたか?

特に問題なくスムーズにシステム化できました。
ただ在庫管理をシステム化したことにより、今まできちんと管理できていなかった部分を整理するのに時間がかかりました。

アトムエンジニアリングからの提案でポイントと思われたのはどの部分ですか?

弊社の要望をきちんと聞いて、柔軟に提案してくれたところです。 システム会社によっては、すでにあるパッケージシステムしか販売しておらず、機能も決まったものしか使えないという場合もありました。
アトムエンジニアリングは、「パッケージシステムがあるのでこれを使ってください」で終わりではなく、「弊社の要望を実現するためにはどのようなシステムが必要か」ということを考えて提案してくれました。
また、丁寧な提案についても良い印象でしたし、商談を進めていく中でもその組織力に信頼をおけると思いました。
やはり、システムは導入して終わりではなくその後の運用保守にもかかわってくるので、信頼出来る会社と付き合いたいと思いました。

今後の課題、目標についてお聞かせください。

今後の目標としては、管理の精度、また管理できるレベルが上がったので、それを武器に荷主様を獲得していきたいと思っています。

導入先お客様情報

  • 株式会社ソネッティーク
  • 栃木県河内郡上三川町
  • 倉庫業
    ・商社様の輸入商材、倉庫保管、在庫管理、流通 加工等の業務
    ・スポーツメーカー商品の検品及び配送業務
    ・海上コンテナの荷下ろし及び積み込み作業
  • http://www.sonettique.com/
株式会社ソネッティーク

PAGE TOP

ページトップへ