在庫差異が発生してしまう原因とその対応方法とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

在庫差異が発生してしまう原因と
その対応方法とは

2021/1/13公開

在庫差異が発生してしまう原因とその対応方法とは
在庫差異が発生してしまう原因とその対応方法とは

倉庫の現場における在庫管理のお悩みで一番多いのは在庫差異が発生してしまうということではないでしょうか?
現場の在庫と帳簿の在庫が合わなくなる原因は様々ですが、今回は主な原因とその対応方法をご紹介いたします。

【目次】
1.入荷・入庫時の課題と対応方法

商品を受け入れる段階で、商品名や数量の確認・実績の記録・保管場所の記録などを目視と手作業で行っている場合にミスが生じ、在庫差異が発生することがあります。
主な対応方法は入荷・入庫の作業を誰が行ってもミスが発生しにくいようマニュアルを作り、実践するという方法があります。
また、入荷した時点で数量や商品などの間違いがあった場合には、仕入先に連絡し、改善していただくことが重要です。

2. ピッキング・出荷時の課題と対応方法

ピッキング・出荷作業が正確でない場合にも在庫差異が発生することがあります。
主な対応方法としては、ピッキングのミスが発生しないように、棚番や商品名を見やすくしたり、出荷検品についても作業のやり方をルール化したりすることが効果的です。
商品知識があまりない方が誤出荷を発生させてしまうケースが多い場合には、間違えやすい商品について教育を行うなどの対応が重要です。
また、どうしても誤出荷がなくならない時には、二重検品や読み合わせ検品などが必要な場合もあります。

3. 返品・不良品発生時の適切な対応

返品や不良品が発生した際に、それらを廃棄したり、在庫に戻す処理が正確にできていない場合に在庫差異が発生することがあります。
対応方法としては、それらのイレギュラー処理する商品を適切に保管・管理する仕組みを作ることです。
このような対策を行うことで、在庫差異が軽減できます。

4.伝票処理など正確な事務処理対応

帳票から台帳への転記作業・在庫数の計算、そのほか事務処理が現場に対して遅れる場合や伝票処理のミスが発生した場合などには在庫差異が生じてしまうことがあります。
このようなことが起こらないように、正確・スピーディーに事務作業を行うことが重要です。
それでも限界はありますので、リアルタイムに処理できるようなシステム構築も検討してはいかがでしょうか。
(リアルタイム在庫管理が可能なクラウド在庫管理システムはこちら

まとめ

このほかにも在庫管理業務の様々な場面に在庫差異が発生する要因がありますが、作業をマニュアル化し、それを守ってもらうことで在庫差異の発生を減らしていくことが重要です。
それでも、在庫差異が発生する場合には、在庫管理システムなどを導入し、バーコード管理を行うことで、それらの課題を解決できるのではないでしょうか。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ