在庫管理システムの作業履歴を確認することで得られる4つのメリットとは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

在庫管理システムの作業履歴を確認することで
得られる4つのメリットとは

2020/12/22公開

在庫管理システムの作業履歴を確認することで得られる4つのメリットとは
在庫管理システムの作業履歴を確認することで得られる4つのメリットとは

作業履歴を管理できることは、在庫管理システムを導入するメリットの一つです。
作業履歴を確認することで、問題が起きた場合の原因究明が可能となります。
それらをもとに再発防止のための具体策を講じて改善していくことで、物流品質を改善し、取引先との信頼関係を深めることができます。
ここでは、作業履歴を活用することで得られる4つのメリットをご紹介します。

【目次】
1.作業ミスが発生した際の原因究明

誤出荷が発生した場合や商品が指示通りのロケーションに入庫されていない場合など、作業ミスが発生した場合に作業履歴から不適切な作業を行った担当者、実際に何の操作を行ったかまで調べることが可能となります。
作業ミスの生じた原因の特定ができ、再発防止の方法を検討することができます。

2. 在庫移動の見える化

倉庫内作業で、在庫差異・行方不明の在庫が発生した場合に作業履歴から商品コード・伝票No.をもとに最後に誰が何の作業を行ったのかまで確認できるので、紛失した在庫を探す時間や手間の短縮が可能となります。

3. トラブル発生時のリカバリー対応

誤出荷が発生した場合など作業履歴からロット・伝票番号などを追跡することで、どの作業でミスが発生したのか確認することも可能です。
問題が発生した際の原因究明や対応が可能となり、トラブル発生時に迅速に対応することができます。

4.責任者による業務管理

作業履歴から、作業者・作業内容・作業日時などが確認できるため、作業者がいつ、どの程度のペースで何の作業を行っていたのか確認ができます。
これらの情報から改善案を見いだし、具体的な対策を行うことも重要です。

まとめ

在庫管理システムを導入し、作業履歴を積極的に活用していくことで実作業の状況を可視化し、作業の品質を改善することが可能になります。
在庫管理システムの作業履歴を活用し、物流品質改善に取り組まれてみてはいかがでしょうか。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ