在庫管理システム導入の不安を払拭する5つの方法とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

在庫管理システム導入の不安を払拭する
5つの方法とは

2020/10/22公開

在庫管理システム導入の不安を払拭する5つの方法とは
在庫管理システム導入の不安を払拭する5つの方法とは

在庫管理システムなどを導入して、現場の改善を行いたいが導入に関しての不安が大きく、なかなか一歩が踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?
今回は、在庫管理システム導入の不安を払拭する5つの方法をご紹介します。

【目次】
1.システムを導入した現場の確認

システムを導入した他社の現場などを見せてもらうことで、導入後の自社の作業内容をイメージしやすくなります。
実際にシステムが動いている現場を自分の目で見ることで、システムに対する理解も深まり、安心してシステムの導入を検討することができます。

2. システムベンダーなどとの情報共有

システムを導入する現場をシステムベンダーなどに確認してもらい、運用改善なども一緒に提案してもらうことで、実際の運用に合ったシステムを導入することができます。 現場の運用に即したシステム導入ができるので、不安も軽減されます。
(弊社アトムエンジニアリングでもクラウド在庫管理システムを取り扱っています。お気軽にお問い合わせください。

3. 現場の運用に合ったシステム選定

システムの仕様に合わせて現場の運用を変え、システムを導入する場合もありますが、実際に導入した後の業務をイメージしづらく、作業する方々の反発などもあり得るため、安心してシステムを導入するのは難しいのではないでしょうか。
現状の運用に合わせてシステムを導入することで、このような不安を払拭できます。

4.費用対効果の事前確認

システム導入の前にシミュレーションを実施し、費用対効果の確認を正確に行うことも重要です。
システムを導入した場合、どれくらいのコスト削減効果が出るのかを分析した上で、導入費用と比較することで、導入のメリットが見えてきます。

5.無料のトライアルが可能なシステムを選択

システムによっては、無料のトライアルが可能な物もあります。
事前にシステムをテスト導入することで、システムと現場のアンマッチを事前に確認できるため、システム導入の不安を軽減できます。

まとめ

システムの導入に関しては、費用面や運用面など様々な不安がついてまわります。
システムベンダーなどと相談しながら、システムを導入する現場を一緒に確認したり、すでにシステムを導入した現場を見せてもらったりしながらシステム導入を検討することで、不安も払拭されるのではないでしょうか。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ