ロット管理を行った商品を効率的に管理する4つの方法とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

ロット管理を行った商品を効率的に管理する
4つの方法とは

2020/8/4公開

ロット管理を行った商品を効率的に管理する4つの方法とは
ロット管理を行った商品を効率的に管理する4つの方法とは

ロットとは、同じ商品を製造する際の最小の単位のことで、同一条件で製造されることが多いようです。
ここではロット管理を行った商品を効率的に管理する4つの方法をご紹介します。

【目次】
1.在庫管理システムの活用

在庫管理システムを活用することで、効果的にロット管理を行うことができます。
バーコードやハンディターミナルを利用することで、業務をシステム化することができ作業ミスを減らせます。
倉庫内の在庫の状況も見える化できるので、どのロットの商品が残っているのかもシステムで確認できるようになります。
(アトムエンジニアリングが提供するクラウド在庫管理システムはこちら

2. トレーサビリティへの対応

在庫管理システムを活用することで、トレーサビリティへの対応も実現します。
ロットとは一般的に同一条件で製造された商品なので、不良品が見つかった場合には、その不良品が発生したロットの商品を回収する必要があります。
ロットNoを管理していれば、そのロットの商品を何処に出荷したかが明確になり、効率的に回収業務が行えるようになります。

3. 先入先出の実現

在庫管理システムを活用することで、先に製造・入荷したロットの商品を先に出荷する先入先出にも対応できるようになります。
倉庫の中に、以前製造・入荷した昔のロットが残ってしまうような状態を防止できます。

4.ロット割れ防止機能

在庫管理システムによっては、出荷する商品のロット割れが起こらないよう同一ロットNoの商品を優先して出荷引当するロット割れ防止機能がついている製品もあります。
不必要なロット割れを防ぐことができ、そのような要望を持つお客様のニーズにも答えることができます。

まとめ

ロット管理を行うことで、万が一商品に不具合があった際にも、商品の回収がしやすくなるなどのメリットがあります。
しかし、在庫管理の手間が増えることになるので、在庫管理システムなどで管理することをお勧めします。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ