ピッキングエリアをコンパクトにするための4つのポイントとは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

ピッキングエリアをコンパクトにするための
4つのポイントとは

2020/3/31公開

ピッキングエリアをコンパクトにするための4つのポイントとは
ピッキングエリアをコンパクトにするための4つのポイントとは

ピッキング作業を効果的に行うためには、ピッキングの動線を短くすることが重要です。
ここでは、ピッキングエリアをコンパクトにするための4つのポイントをご紹介します。

【目次】
1.リザーブエリアの確保

ピッキングするための商品を保管するピッキングエリアとピッキングエリアに補充する商品を保管するリザーブエリアに保管スペースを分けることでピッキングエリアをコンパクトにすることができます。
これによりピッキング作業を効果的に行うことができるようになります。

2. 効果的なピッキングエリアへの補充方法の確立

ピッキングエリアとリザーブエリアを分けても、適切に商品を補充しないとピッキングエリアでの欠品の度に、リザーブエリアに商品を取りに行くということが発生してしまいます。
商品を補充するルールを明確にし、それを適切に行うようにすることで効果的なピッキング作業が行えるようになります。

3. フリーロケーションへの対応

空いている棚に任意の商品を保管することができるフリーロケーションの運用を行うことで、保管スペースを効率的に使うことが出来るようになります。
これによりスペースの有効活用が可能になります。

4.間口サイズの最適化

商品のサイズに合わせて、保管する間口の広さを適切に変更することも、保管スペースの有効活用に繋がり、効果的に作業が行えるようになります。

まとめ

ピッキングエリアをコンパクトにすることで、ピッキング作業をスピーディーに行うことができるようになります。
この機会に、倉庫作業改善の一環として、ここで紹介したことを試してみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ