ロケーション管理を始める前に行うべき4つの事前準備とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

ロケーション管理を始める前に行うべき
4つの事前準備とは

2020/1/31公開

ロケーション管理を始める前に行うべき4つの事前準備とは
ロケーション管理を始める前に行うべき4つの事前準備とは

在庫管理を効率的に行うためには、ロケーション管理を行いどこに何があるのかすぐに分かるようにすることが重要です。
今回は、ロケーション管理を始める前に行う4つの事前準備をご紹介します。

【目次】
1.棚番号の最適化

棚番号は、その番号を見ただけでどこにその棚があるのか、すぐに分からなければ意味がありません。
ロケーション管理を行う前に、棚番号の振り方のルールをしっかり決め、棚番号の最適化を行うことが重要です。
また、実際に棚に棚番号を表示する場合にも、しっかり見やすく、誰にでも分かりやすい文字で記載する必要があります。

2. 保管スペースの最適化

保管するスペースの変更ができる際には、商品の大きさや平均的な在庫数などを考慮して、最適な大きさにすることが大切です。
保管スペースを最適化することで、無駄なスペースを省くことができますし、保管スペースが狭すぎて、同じ商品を複数の場所に保管するというようなことを防げます。

3. 商品の補充方法のルール化

ピッキングの効率を高めるためには、ピッキング用の商品を保管するスペースとそこに補充する商品を保管するスペースに分けることで、ピッキング動線を短縮することができ、スピーディーに作業できるようになります。
効果的に商品を補充する方法を事前に検討しておき、その運用も考慮しロケーションを決めることが重要になります。

4.最適な保管方法の検討

ロケーション管理には商品の保管する棚を事前に決めておく固定ロケーションと商品を入れる棚を前もって決めず、任意の空いている棚に商品を保管するフリーロケーションがあります。
フリーロケーション管理では保管スペースの有効活用ができますが、在庫管理のシステム化が必要になります。
固定ロケーションとフリーロケーションのメリットとデメリットを考慮し、運用にあったロケーション管理の方法を事前に決めておくことが重要です。

まとめ

倉庫内の在庫の見える化を行い、在庫を適切に管理するためにもロケーション管理は重要です。
もし、ロケーション管理を行っていない場合には、ここで紹介したことを参考に、倉庫内作業改善の一環として始めてみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
よく読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ