ネット通販で発生しがちな配送ミスの4つの原因とその対処法とは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

ネット通販で発生しがちな配送ミスの
4つの原因とその対処法とは

2019/11/1公開

ネット通販で発生しがちな配送ミスの4つの原因とその対処法とは
ネット通販で発生しがちな配送ミスの4つの原因とその対処法とは

ネット通販で、出荷する商品の間違いや送り状の貼り間違いなどにより誤出荷が発生するとお客様への謝罪と商品の再発送などを行わねばならず無駄な時間とコストが発生してしまいます。
今回は、それらの配送ミスが発生してしまう原因と対処方法をご紹介します。

【目次】
1.不正確な在庫管理による商品の欠品

商品の正確な在庫管理がされておらず、そのことに気づかないでネットショップで販売した場合には、注文が入っても商品が足らないということが起こってしまいます。
定期的な棚卸を行うことや商品を倉庫から持ち出す際のルールを決めること、在庫管理システムを活用することなどで欠品を防止することも可能になります。

2. 類似品の取り間違え

色違いなどの類似商品が多いネット通販の現場では、それらの取り間違いによる誤出荷も発生してしまいます。
類似品を近くに置かないようにすることや出荷作業をマニュアル化することなども誤出荷防止には効果的です。
また、在庫管理システム・検品システムなどを利用し、ハンディターミナルなどを活用したバーコード照合による検品作業を行うことで誤出荷を防止することができるようになります。

3. 納品書の入れ間違え

納品書を印刷し、それを見ながらピッキング作業を行うネットショップも多いかと思いますが、出荷梱包の際に、別の注文の納品書を間違えて入れてしまうというミスも発生することがあります。
梱包作業を行う際に、納品書と出荷先のマッチングが正しいか再確認することが重要になります。

4.送り状の貼り間違え

商品を正しくピッキング、箱詰めしても、送り状を貼り間違えると別の人が注文した商品が届いてしまい、クレームとなってしまいます。
納品書に書かれた送り先と送り状の宛先が同じかどうか商品の箱詰めをする際に再確認することが重要です。

まとめ

在庫精度の改善や誤出荷防止には、ハンディターミナルなどを活用した在庫管理システムの利用が効果的です。
また、弊社アトムエンジニアリングでは、バーコードを活用した出荷検品の際に、自動で送り状と納品書の印刷ができる通過型仕分検品システムPASSSORTというシステムを販売しており、これを活用することで納品書の入れ間違え、送り状の貼り間違えを防止できます。
シングルオーダー(1伝票、1明細、数量も1つ)の出荷頻度が多いネット通販に最適ですので、ご興味がある方はお気軽にお問合せ下さい。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ