在庫管理、物流業務でバーコードを活用する4つのメリットとは| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

在庫管理、物流業務でバーコードを活用する
4つのメリットとは

2019/10/2公開

在庫管理、物流業務でバーコードを活用する4つのメリットとは
在庫管理でバーコードを活用するメリットとは

現在、小売業などでバーコードの代わりにRFIDを活用し商品の管理をする方法が模索されています。
しかし、バーコードにも商品を管理するという点で様々なメリットがあります。
今回はバーコードで商品を管理する4つのメリットをご紹介します。

【目次】
1.運用のコストが安い

バーコードはラベルや帳票に印刷するだけなので、RFIDなどの運用に比べてランニング費用を抑えることが可能です。
また、プリンターを準備するだけなので、導入のコストを抑えることができます。

2. バーコードの作成が簡単

システムなどで出力したデータを印刷するだけなので、簡単にバーコードを作成することができることもメリットの1つです。
また、モバイルプリンターなどを活用することで、PCから離れた場所でも印刷をすることが可能になります。

3. 様々な商品の管理に利用が可能

RFIDで商品を管理する場合には、その商品が液体であったり、金属であったりする場合には、リーダーで読んだ時に、ほかの商品と同じようにデータの読み取りができない場合があります。
バーコードの場合には、それを貼り付けることが出来れば商品の種類を選ばず管理することができます。

4.商品にすでについているバーコードの活用が可能

現在、販売されている多くの商品には、もうすでにバーコードが付いています。
これらのバーコードを活用することで、新規に印刷・貼り付けなどを行わなくても済むので、手軽に商品の管理に活用することができます。

まとめ

専用機器によるデータの一括読取りなど、RFIDにはできて、バーコードにはできないメリットも多々あります。
今後、RFIDに関する技術革新とコストの低下により、その利用が広がれば、商品管理の形が大きく変わる可能性もあります。
技術革新により物流の在り方がどう変わるのか、その動向が注目されます。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ