新しい技術を活用し効果的に在庫を管理する4つの方法とは?| 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

新しい技術を活用し効果的に在庫を管理する
4つの方法とは?

2019/9/5公開

新しい技術を活用し効果的に在庫を管理する4つの方法とは?
新しい技術を活用した効果的な在庫管理方法

正確に商品の在庫数を把握、受注予測・発注業務などを正しく行うことで効果的に在庫を管理したいと考えている方も多いのではないでしょうか?
ここでは、AIやIoTなどの新しい技術を活用し、効果的に在庫を管理する4つの方法をご紹介します。

【目次】
1.AIを活用した受注予測

効果的に在庫を管理するためには、受注予測を正しく行うことが重要です。
天気・季節・曜日など様々なデータをAIが分析し、受注予測を行うことで、店舗や倉庫の必要な在庫数を明確にすることができるシステムが開発されました。
このシステムを活用することで、不要な在庫の削減が可能になります。

2. ブロックチェーンを活用したサプライチェーンの在庫の見える化

ブロックチェーンの技術を活用したサプライチェーンマネジメントシステムを関連企業が共有することで、サプライチェーン上の在庫の見える化が可能になります。
製造から販売までの物の流れを把握することができ、サプライチェーンにおける在庫の最適化が可能になります。

3. RFID・ドローンなどを活用した正確な在庫管理

商品にRFIDを貼り付け、各物流拠点でそれらのデータをリーダーで読み取ることで、素早く・正確に商品の流れと在庫数を把握することが可能になります。
また、棚卸の際にドローンや物流ロボットにリーダーを取り付け、それらが自動で動き回ることで棚卸業務を行う仕組みもあります。

4.IoTを活用した自動発注機能

IoTの技術を活用し、商品の自動発注を行う仕組みも開発されました。
重量を計測するマットの上に商品を保管。商品が減り、軽くなったら自動で商品を発注してくれます。
バーコードやRFIDなども必要とせず、シンプルに導入することができます。

まとめ

AIやIoTなどの技術の広がりにより、倉庫や物流現場の作業内容も大幅に変わると考えられます。
新しいシステムの活用でどのような変化が訪れるのか?その動向が注目されます。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ