在庫管理システム導入のコストを抑える5つの方法とは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

在庫管理システム導入のコストを抑える
5つの方法とは

2019/7/29公開

在庫管理システム導入のコストを抑える5つの方法とは
在庫管理システム導入のコスト削減

在庫管理システムを導入して在庫管理の改善を行いたいが、初期費用、ランニングコストなど各種出費をできるだけ抑えたいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、トータルでシステム導入のコストを抑える5つの方法をご紹介します。

【目次】
1.複数拠点、複数荷主対応

在庫管理システムによっては、複数拠点、複数荷主に対応したシステムもあります。
これを利用することにより、拠点ごとや荷主ごとにシステムを導入する必要がなくなるので、導入コストを抑えることができます。

2. クラウド在庫管理システムの利用

クラウド在庫管理システムを導入することで、サーバーを用意する必要がなくなり、初期費用を抑えることができます。
また、サーバーをメンテナンスする必要もなくなるので、その分の負担を軽減できます。

3.運用に合ったシステムの選択

オリジナルの在庫管理システムをシステム会社で構築してもらうか、既存のシステムを利用するかで、システム導入の費用は大きく変わってきます。
自社の運用を明確にし、その運用と合うシステムを探し出すことで、オリジナルシステムの構築に比べ導入の費用を抑えることができます。

4.適切な機器の選択

システム導入の初期費用を抑えたい時には、リーズナブルな機器を選択するということも考えられます。
最近は、スマートフォンなどをバーコードリーダーの代わりに利用できるシステムもありますが、耐久性という面では若干の不安も残ります。
長期的な視点に立ち、耐久性、操作性も考慮にいれ、自社の運用にあった機器を選択する必要があります。

5.運用にあった料金体系のシステムの導入

クラウド型の在庫管理システムの場合には、使った分だけ費用が発生するシステム、定額で利用できるシステムなど料金体系も様々です。
自社の運用にあった料金体系のシステムを選択することで各種コストを抑えられます。
また、オンプレミスの在庫管理システムの場合には、基本的にシステムを買い取る形になるので、初期費用は高くなっても、ランニング費用を抑えることができるのが一般的です。
現在の物量のみならず、財務状況も考慮に入れ、適切な料金体系のシステムを選択することで、トータル的に出費を抑えることができるようになります。

まとめ

システム導入の費用を抑えることも重要ですが、システムの仕様に合わせて作業方法を変更するとシステムを入れたことでかえって業務が煩雑になるということも起こってしまいます。
システムの導入費用・ランニング費用だけでなく、作業する方々の人件費なども考慮して、トータルで業務の改善・費用の抑制を行うことが大切です。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ