忙しい経営者必見!倉庫・在庫状況を確認する時に注意するべき5つのポイントとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

忙しい経営者必見!倉庫・在庫状況を確認する時に
注意するべき5つのポイントとは

2019/5/7公開

忙しい経営者必見!倉庫・在庫状況を確認する時に注意するべき5つのポイントとは
経営者が倉庫・在庫状況を確認する時に注意するべきこと

中小企業の経営者は、資金管理、販売促進、人材の採用など様々な業務を行わねばならず、どうしても在庫や倉庫状況の確認を後回しにしがちです。
ここでは、経営者が倉庫・在庫状況を確認する時に注意するべき5つのポイントをご紹介します。

【目次】
1.不良在庫の数量

倉庫に売れる見込みのない不良在庫が溜まってしまうと資金繰りが悪化。最悪、企業が倒産してしまうということもありえます。
不良在庫が溜まっていないか定期的に確認する仕組みを作ることが、健全な企業経営には不可欠です。

2. 在庫回転率の確認

在庫回転率とは、ある指定した期間に、その商品が何回転したかで算出される数値です。
この数値を明確にすることで、どの商品が売れ筋の商品であるかすぐに分かり、販売促進や商品仕入れの準備を行いやすくなります。
また、商品全体の在庫回転率を確認することで、効率的に資本を回転させ、収益を生み出すことが出来ているのか確認もできます。

3.物量の大幅な増減への対応

倉庫のスペースが限られていたり、倉庫・在庫管理システムなどの拡張性が乏しい場合には、商品の販売量が大幅に増加した時に対応できなくなってしまいます。
また、逆に物量が大幅に減った際にも、業務・保管スペースに必要以上に無駄が生まれてしまうということも起こりがちです。
物量の増減に対しても柔軟に対応できるよう、仕組みを作っておくことが重要です。

4.倉庫スペースの有効活用

倉庫などの保管スペースを借りている場合には、その賃料もかかってきます。
無駄な出費を減らすためにも、倉庫スペースの有効活用は重要です。
定期的に倉庫内を確認し、無駄な商品が残っていないか? 商品の保管方法が効率的かなどチェックする必要があります。

5.在庫情報を共有する仕組み作り

健全な企業経営を実現するためには在庫情報の見える化を実現し、それを各部門が簡単に閲覧できるようにする仕組み作りが重要になります。
クラウド在庫管理システムなどを活用し、どこにいても在庫数量を確認できるようにすることで、効率的な企業経営ができるようになります。
(在庫情報の共有を実現するクラウド在庫管理システムはこちら

まとめ

倉庫・在庫状況を定期的に確認、チェックする仕組みを持つことは、健全な企業経営を行うためには不可欠です。
この機会に、ここで紹介したことを、できる所から初めてみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ