スピーディーな出荷作業を実現する6つのポイントとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

スピーディーな出荷作業を実現する
6つのポイントとは

2019/2/4公開

スピーディーな出荷作業を実現する6つのポイントとは
スピーディーな出荷作業を実現

ネット通販を始め様々な業種で、商品の注文を受けてから発送までスピーディーに行うことで、顧客の満足度を上げる取り組みが行われています。
ここでは、スピーディーな出荷作業を実現する6つのポイントをご紹介します。

【目次】
1.倉庫内の整理整頓と作業スペースの確保

発送作業をスピーディーに行うようにするためには、倉庫内の整理整頓が最重要になります。
商品やカゴ車、オリコンなどが既定の場所に正しく保管されていることで、それらを探し回る必要もなく素早く業務に取り掛かれるようになります。
また、整理整頓をしっかり行うことで、発送業務を行う作業スペースを確保することができ、スムーズに出荷業務を行えるようになります。

倉庫内の整理整頓
2. システム化による業務の効率化

出荷業務をシステム化することも効果的です。
表示器を使ったデジタルピッキングシステムを活用することで、ピッキングリストを目視で確認する必要なくスピーディーにピッキングを行えるようになります。
また、バーコードとハンディターミナルなどを活用した在庫管理システムを利用することで、商品がどこに保管されているのかも一目で確認できるようになり、業務の効率化が実現します。
(在庫の見える化を実現するクラウド在庫管理システムはこちら

システム化による業務の効率化
3.作業内容のマニュアル化

作業する方々が、各々自分のやり方で業務を行っていると物流品質、スピードにもムラが生じてしまいます。
作業のマニュアル化を行うことで業務の標準化が可能になり、物流品質とスピードの改善が可能になります。

作業内容のマニュアル化
4.セット品の事前準備

一緒に発送する商品を事前にセットしておくことも出荷業務のスピードアップに効果的です。
セット品の管理機能などがある在庫管理システムなどを活用することも効果的です。

5.正確な出荷予測による人員の配置

商品の出荷量を事前に正確に予測し、十分な人員を確保しておくことはスピーディーな出荷業務には不可欠です。
出荷量に合わせ、作業する方のシフトを調整。業務が集中する時間帯に適切に人員を配置できるようにすることが重要です。

6.ロケーション管理による作業動線の短縮

出荷分析などを行い、出荷する頻度が多い商品を出荷口付近に配置するなど、ピッキングの動線を短縮することも出荷時間の短縮には効果的です。
また、ピッキングする棚の商品が少なくなってきた際の補充のルールを適切に決めておくことも、トータルでの業務の効率化という点では重要になります。

作業動線の短縮
まとめ

出荷業務をミスなく、スピーディーに行うことができれば、自社の強みにすることが出来ます。
この機会に、出荷作業の見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための6つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う6つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する4つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ