在庫管理における在庫分析を活用する5つのメリットとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

在庫管理における在庫分析を活用する
5つのメリットとは

2018/12/25公開

在庫管理における在庫分析を活用する5つのメリットとは
在庫分析の活用

在庫管理システムによっては、在庫回転率などの在庫分析や出荷分析などができる物もあり、それらの分析機能を活用し、在庫の分析を行うことで、様々なメリットを得ることができます。 ここでは、それらの分析を活用する5つのメリットをご紹介します。

【目次】
1.ロケーションの最適化による作業動線の短縮

出荷頻度の高い順に、商品にA(高頻度)、B(中頻度)、C(低頻度)のランク付けを行う出荷ABC分析などの機能を活用し、出荷頻度が高い商品をリストアップ。それらの商品を出荷口の周辺や作業開始場所の近くに配置することで、ロケーションの最適化が行え、作業動線の短縮が実現します。
(出荷ABC分析にも対応したクラウド在庫管理システムはこちら

ロケーションの最適化
2. 販売機会ロスの削減

指定した期間に、その商品が何度回転したかを算出する在庫回転率の機能などを活用することで、売れ筋の商品が一目で分かるようになります。
これにより、売れ筋の商品が品切れにならないように事前に準備を行うことも可能になり、品切れなどの販売機会ロスを減らすこともできます。

3.不良在庫の削減

在庫回転率が見えるようになると、売れ筋の商品だけでなく、売れ残りそうな商品もすぐ分かるようになります。
売れ残りそうな商品を早期に発見することで、割引で販売するなどの対応も行えるようになり不良在庫の削減も可能になります。

不良在庫の削減
4.倉庫内のスペースの有効活用

在庫回転率で商品の流れを明確にすることで、売れる見込みのない商品もすぐ確認できるようになります。
これにより、それらの商品を適切に処理したり、保管方法の変更などを行うことができるようになるので、保管スペースの有効活用が可能になります。

倉庫内のスペースの有効活用
5.健全な企業経営が行えているかの確認

全ての在庫の在庫回転率を確認することで、資本を効率的に回転させ収益を得ているかの確認ができます。
在庫回転率がだんだん低くなるということは、仕入れた商品・製造した商品などが、売れなくなっていたり、在庫や仕掛品が増えてきたということになるので注意が必要です。
全体的な在庫回転率を明確にすることで、健全な企業経営が行えているかのチェックが行えます。

まとめ

適切に在庫を管理し、在庫分析を行うことにより倉庫作業の効率化のみならず、健全な企業経営が行えているかのチェックも行えます。
在庫分析を活用した業務改善を、できる所から始めてみてはいかがでしょうか?

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ