過剰在庫を抑制するために重要な6つのポイントとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

クラウド型在庫管理システム @wms

から
在庫管理システム@wms
  • お問合せフォームへ
column
過剰在庫を抑制するために重要な6つのポイントとは (2018/7/27)
過剰在庫防止

在庫を過剰に保有してしまうと、企業のキャッシュフローが悪化し、健全な企業経営が行えなくなってしまいます。
ここでは、過剰在庫を抑制する6つのポイントをご紹介します。

1.倉庫内の整理整頓

過剰在庫を抑制するためには、倉庫内の整理整頓をしっかり行い、あるべき商品があるべき所に保管されているようにすることが最重要になります。
倉庫内の整理整頓、清掃をしっかり行うことで、適切な在庫管理を行うためのベースを作ることができます。

倉庫内の整理整頓
2. 在庫の見える化

在庫管理システムなどを活用し、在庫の見える化を行うことは過剰在庫の抑制に効果的です。
バーコードやハンディターミナル、在庫管理システムなどを活用することで、「どこに」、「何が」、「いくつ」あるのかが明確になり、正確な在庫情報を元に発注業務などを行えるようになります。
また、在庫管理システムの在庫回転率などの分析機能を活用することで、商品の流れの把握が可能になり、ニーズの少ない商品を多量に発注してしまうミスも減らすことが出来ます。

在庫の見える化
3.適正な在庫量の把握

適切な在庫管理を行う際には、各々の商品について、
・平均してどの程度の出荷量があるか?
・商品を発注してから届くまでに、どれぐらいの時間がかかるのか?
などの特性を理解することが重要です。
これを理解することで大体いくつの在庫を確保しておけばいいのか目安にすることができ、過剰在庫の抑制が可能になります。

適正な在庫量の把握
4.正確な需要予測

商品の売り時を逃さないためにも、過剰在庫を抑制するためにも、商品の正確な需要予測が重要になります。
商品の特性やトレンド、季節的なニーズなど様々な要素を総合的に判断し、需要予測を行うことが重要です。

正確な需要予測
5.定期的な棚卸の実施

販売管理システムやエクセルなどで理論在庫の管理を行っていると、少しずつ実際の在庫数とのずれが発生してしまうことがあります。
定期的に棚卸を行うことで、在庫数を正確に把握することができるようになり、知らず知らずのうちに過剰に在庫を持ってしまうことを防ぐことができるようになります。

6.在庫管理責任者の設置

在庫切れが発生すると販売機会を失ってしまうため、営業担当などはどうしても多めに在庫を抱えておきたいと考えがちです。
また、仕入れの際にまとめて購入することで安く仕入れることができる場合なども、必要以上に商品を仕入れてしまいがちです。
在庫管理の責任者を明確にすることで、適切な在庫管理に対する意識も高まり、過剰在庫を抑制できるようになります。

在庫管理責任者の設置
まとめ

過剰に在庫を持つとキャッシュフローが悪化し、資金繰りが難しくなってしまいます。
倉庫内の在庫の見える化を実施し、適切に管理することは健全な企業経営に不可欠です。
ここでご紹介したことを参考に、過剰在庫の抑制、在庫の適正管理を始めてみませんか?

ページトップへ