倉庫管理にかかるコストの削減を実現する6つのポイントとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

クラウド型在庫管理システム @wms

から
在庫管理システム@wms
  • お問合せフォームへ
column
倉庫管理にかかるコストの削減を実現する6つのポイントとは (2018/4/24)
倉庫イメージ

倉庫管理にかかるコストとしては、保管スペースの維持管理・レンタル費用や倉庫作業を行う方々の人件費など様々な物があります。
ここでは、倉庫管理に関わるコストを長期的な視点に立ち、トータルで削減する6つのポイントをご紹介します。

1.倉庫内の整理整頓

倉庫管理、在庫管理関連の費用を抑える第一のステップは、倉庫内の整理整頓になります。
それを行うことで、効率的に収納できるようになり、保管スペースの有効活用が実現します。
また、商品や備品をあるべき所に保管するようにすることで、それらを探して倉庫内を歩き回る必要がなくなります。
作業効率が改善し倉庫作業をする方々の人件費を抑制することができるようになります。

倉庫内の整理整頓
2. 適正在庫の実現

在庫が過剰になるとその商品を保管するスペースも必要になりますし、不要な倉庫内作業も増加し、余計なコストがかかることになります。
また、商品が不足し欠品が発生してしまうと、販売機会ロスに繋がりますし、商品を急遽準備するなど追加の業務も必要になります。
商品の需要予測などを正確に行い、在庫数を適正に管理することは保管スペースと人件費のコスト削減に効果的です。

適正在庫の実現
3.保管スペースの有効活用

保管する商品のサイズや種類を考慮し、適切な棚を利用することは保管スペースの有効活用に効果的です。
また、在庫管理システムなどを利用し、既定の場所ではなく任意の空いている棚に商品を保管することができるフリーロケーションの運用を行うことも、棚の有効活用には効果的です。
保管効率が改善し、無駄な出費を抑えることができるようになります。

保管スペースの有効活用
4.倉庫作業の効率化

作業する方々が、各々のやり方で倉庫内作業をしていては、業務の効率化による人件費の削減は難しいのではないでしょうか?
効果的な作業方法のマニュアル化による業務の標準化を行うことで、作業の効率化が実現します。
また、システムを導入し、ハンディターミナルなどのマテハン機器を活用することで、手書きで倉庫作業の実績を記録する必要がなくなるので、スピーディーに業務を行うことが可能になります。

倉庫作業の効率化
5.倉庫管理・在庫管理システムの導入

倉庫管理・在庫管理システムを導入することで、在庫の見える化が実現。作業効率と精度の改善が可能になります。
それにより、無駄な作業を減らすことができるので人件費の抑制も可能になります。

在庫管理システムの導入
6.在庫管理、物流業務のアウトソーシング

自社倉庫を持っていない場合や、人的資源の不足、業務の集中を図りたい時などには、在庫管理、物流業務のアウトソーシングも効果的です。
倉庫管理、物流のプロに業務を任せることで、販促・営業など他の分野に集中することができるようになり、人的資源やコストの有効活用が可能になります。

まとめ

倉庫管理にかかるコストを削減するためには、倉庫の整理整頓、適正在庫、作業の効率化などが重要になります。
ここでご紹介したことを参考に、できる所からコスト削減の取り組みを始めてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ