在庫の見える化を行う6つのメリットとは | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

倉庫管理システムならアトム

お気軽にお電話下さい
資料請求はこちら

クラウド型在庫管理システム @wms

から
在庫管理システム@wms
  • お問合せフォームへ
column
在庫の見える化を行う6つのメリットとは (2018/1/30)
倉庫イメージ

在庫管理システムなどを利用し、在庫の見える化を行うことで在庫の削減や作業の効率化が実現します。
ここでは、在庫の見える化を行う6つのメリットをご紹介します。

1.過剰在庫の防止

在庫管理システムを導入することで、在庫の見える化が実現。在庫状況が一目で把握できるようになるので、在庫が十分あるのに、商品を追加発注してしまうミスを防止できるようになります。
それにより、不必要な在庫が気づかない間に溜まってしまうことを抑制できるようになります。

在庫の見える化
2. 在庫切れの抑制

在庫の見える化を行うことで、商品の在庫が少なくなっているかが一目で確認できるようになり、在庫切れの抑制が可能になります。
出荷の際に商品が足らなくなったというトラブルも減らすことができるようになります。

3.在庫管理の効率化

在庫の見える化を行うことで、倉庫の中の「どこに」「何が」「いくつ」あるのかがすぐに分かるようになります。
商品を探し倉庫内を歩き回る必要もありませんし、商品の在庫数もすぐに確認できるようになるので、倉庫作業の効率化が可能になります。

ロケーション管理
4.適切な商品管理を実現

在庫の見える化が行われていない現場では、商品の先入先出が行われず、日付管理が適切でないことも少なくないのではないでしょうか?
先入先出の実施や日付管理を適切に行うためにも、在庫管理システムによる在庫の見える化が重要になります。

日付管理
5.保管スペースの有効活用

在庫の見える化を行うことで、過剰在庫の抑制が可能になります。
加えて不要な在庫の確認なども簡単にできるようになるので、在庫の整理も効率的に行えるようになります。
過剰在庫の防止と不要な在庫の整理を行うことで、空きスペースを広げることができ、倉庫の有効活用が実現します。

6.発注業務の効率化

商品の発注業務を行う際にも在庫が一目で確認できるため、倉庫に行って在庫数を確認する必要がなく、効率的に業務を行うことができます。
また、商品の出荷頻度が確認できる出荷ABC分析機能などがついた在庫管理システムでは、どれだけ商品が出荷されているかの確認も簡単にできますので、商品を発注する際の目安にできます。

発注業務の効率化
まとめ

在庫の見える化は在庫切れの削減だけでなく、過剰在庫の抑制や不良在庫の明確化にも効果的です。
在庫を適切に管理しないと、不良在庫となりキャッシュフローが悪化してしまいます。
この機会に、在庫管理システムを導入し在庫の見える化を検討されてはいかがでしょうか?

ページトップへ