最適なロケーション管理とは?? | 物流・製造コラム

ページトップへのバナー

在庫管理システムならアトム


最適なロケーション管理とは??

2014/6/19公開

最適なロケーション管理とは??
最適なロケーション管理とは??

倉庫内に物を保管する際、単純に考えて2種類の保管方法があります。
この棚には何の商品を置くと決めているパターンと、どこの棚になにを置いても良い、というパターンです。
前者を固定ロケーション、後者をフリーロケーションと呼ぶことが多いです。

固定ロケーションの場合、どこに何があるかが決まっているので、熟練者ほど倉庫内を探し回ることが無くなりますが、その反面、いくらスペースが空いていてもそこに置けるものが決まっているために、空きスペースが生まれてしまい保管効率が落ちる可能性があります。
その半面、フリーロケーションはどこに何を置いてもいいので、保管効率は上がりますが、その分同じ商品でも複数の場所にバラけてしまう可能性もあるために、どこに何があるかが分からなくなりやすく、きっちりとした管理をしないと倉庫内がごちゃごちゃになってしまいます。

製造業様などで、細かい部品を多数管理している場合には固定ロケーションのほうが使いやすいでしょうし、倉庫業様や3PL業様であれば保管効率を優先したフリーロケーション管理のほうが適していることが多いのではないでしょうか?

固定ロケーションだと、その棚に行った時に在庫のあるなしがひと目でわかりますが、フリーロケーションだとそうはいきません。 どこに何があるかが分からないからです。そんな時に強い味方になるのが在庫管理システムです。

「どこのロケーションに」「何が」「何個あるか」をシステムがきっちり管理しているので、ロケーションの並び順さえ分かれば入ったばかりのパートさんでもピッキング時に迷いません!
またトータル在庫数なども確認が出来るので、発注が必要なタイミングなどもひと目で分かります。
面倒な賞味期限管理や製造日管理などもシステムにお任せすればいいのです。

クラウド在庫管理システム「@wms」はフリーロケーション管理は基本機能に搭載されております。
是非一度お問合せください。

物流ソリューション一覧

このサイトで掲載している物流ソリューションをご紹介します

課題

ソリューション

誤出荷を防止したい ソリューションはこちら≫
在庫の先入れ先出しをしたい ソリューションはこちら≫
在庫管理の精度を上げたい ソリューションはこちら≫
在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい ソリューションはこちら≫
システムで検品だけ行いたい ソリューションはこちら≫
トレーサビリティの対応をしたい ソリューションはこちら≫
ピッキング作業の時間を短縮したい ソリューションはこちら≫
仕分け作業の時間短縮をしたい ソリューションはこちら≫
一緒に読まれているコラム
倉庫内作業を効率的に行うための8つのポイントとは
倉庫内作業を効率的
更新 2018/4/11
倉庫内の作業が煩雑で、効果的に業務が行えないという方も少なくないのではないでしょうか?
ここでは、倉庫内作業を効率的に行う8つのポイントをご紹介・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫作業におけるロケーション管理を改善する8つのポイントとは
ロケーション管理を改善
更新 2017/12/27
ロケーションの管理方法を改善することで、作業の効率化やミスの防止など様々なメリットを得ることができるようになります。
ここではロケーション管理を改善する際に気を付けるべき・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
倉庫における保管スペースを有効活用する5つのポイントとは
倉庫管理のコスト削減
更新 2018/5/31
倉庫の広さが限られているので、商品を保管するスペースを有効活用したいという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、保管スペースを有効活用する5つのポイント・・・続きを読む
カテゴリー
在庫管理
ページトップへ