ピッキングカートと連携した在庫管理システム導入事例 | 株式会社ウエダ

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

クラウド型在庫管理システム

空
在庫管理システム@wms
  • お問合せフォームへ
導入事例 お客様の声
在庫管理システム@wms導入事例

関西を中心に物流アウトソーシングや3PLなどの幅広い業務を行っている株式会社ウエダ様にピッキングカートと連携した在庫管理システム@wmsの導入の効果についてお伺いしました。

  • 課題と成果
  • 導入の背景
  • 導入を決めた理由
  • 導入の効果

課題と成果 (Before After)

導入前の課題
  • 2重検品の必要があり、その作業に多くの時間を要していた
  • リストでの作業であったため新人教育に時間が必要だった
導入前の課題
導入システム
導入前の課題
導入後の効果
  • 生産性が139%向上した
  • 2重検品の必要がなくなり業務を効率化することができた
  • 新人教育のための時間的コストを削減することができた

導入の背景

倉庫イメージ

リストでの作業であった為、商品違いや数量に対する作業時の判断が作業者個人に頼る部分が大きく経験によってバラつきがありました。

新人に対する教育に時間を割く必要があった為、品質を安定させる事に時間を要しました。

更に、生産性向上に関してもリストでの作業である為、品質維持の為の集品後の検品作業に時間を費やしていました。

導入を決めた理由

ピッキングカート作業風景

ピッキングカートの重量検品による数量確認の機能。4店舗同時集品による作業導線の大幅な短縮。荷姿でエリア分けをする事による集品効率の向上。必要なタイミングで必要なだけ補充できる仕組みなどです。

リストでの作業をしている限り、大幅な改善を望めない状態であった事からWMSを導入する事で作業を標準化する事ができ、新人でもすぐに作業ができる体制ができました。

今後の営業拡大に繋げる為のツールとして期待できるところがポイントです。

導入による効果

ピッキングカート作業風景

以前は2重検品に出荷作業全体の40%を費やしており、検品作業をカット出来た事が特に大きなメリットがありました。また、4店舗同時集品を可能にした事で作業導線を大幅に短縮できた事もあり、導入後6ヶ月で139%の生産性を達成する事ができました。

多品種小ロット作業において、アナログな作業では商品知識が品質に直結する事になります。品質を維持する為には熟練が必要でした。人の判断をシステム化によって減らす事で標準化する事ができ、品質の安定に繋がりました。

株式会社ウエダ様、本日は誠にありがとうございました。
システム導入検討をしている方は是非アトムエンジニアリングまでご連絡ください。

導入先お客様情報

株式会社ウエダ様
倉庫
倉庫作業風景
ピッキングカート

PAGE TOP

スマホページへ
ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング